キム・ソヒョン、新ドラマ「君主」撮影現場の写真が公開…美しい韓服姿に“視線釘付け”

写真拡大

女優キム・ソヒョンが端麗な韓服(ハンボク、韓国の伝統服装) 姿で気品のあるオーラを披露した。

韓国で5月10日に初放送予定であるMBC新水木ドラマ「君主−仮面の主人」(脚本:パク・ヘジン、チョン・ヘリ、演出:ノ・ドチョル、パク・ウォングク、以下「君主」) は、朝鮮全土の水を私有化し、莫大な富と権力を得た組織“辺首会(ピョンスフェ)”に立ち向かう皇太子の死闘と愛を描いたドラマだ。キム・ソヒョンは「君主」で生まれ持った性格が前向きで優しい、そして強直な武家の血を引き継ぎ、女性らしくない強さを持つハン・ガウン役で新たな演技変身を予告している。

また、キム・ソヒョンが清楚で華奢な女性ハン・ガウンの姿をあらわにした現場がキャッチされ、視線を集めている。綺麗に三つ編みした髪の毛に、薄い黄色のチョゴリ(韓服の上着) と薄いピンクのチマ(韓服のスカート) を着用し、清楚な魅力を披露している。さらに誰かを見つめている綺麗な瞳は、堂々としていながらもしっかりしている雰囲気を醸し出している。

キム・ソヒョンが“気品のある韓服姿”を初めて披露した初めての撮影シーンは1月10日、京畿道(キョンギド) 陽州(ヤンジュ) で行われた。特有の明るい笑顔で撮影現場に到着したキム・ソヒョンは、スタッフ一人ひとりに挨拶をし、現場に活力を吹き込んだ。撮影が始まる直前まで台本を読みながら集中していたキム・ソヒョンは、端麗でしっかりとしたハン・ガウンの一面をそのまま演技で表現し、見る人を感嘆させた。

また、キム・ソヒョンは堂々とした“ヒロイン”として作品に挑戦するだけに、ハン・ガウンのキャラクターに格別な愛情を注いでいる。ハン・ガウン役の時代劇トーンをよりリアルに表現しようと、台本を手放さない一方、難しい感情線についてノ・ドチョル監督に意見を求めるなど、頭からつま先まで、ハン・ガウンになることに集中している。

キム・ソヒョンは「『君主』を撮影することになり、とても幸せで感謝の気持ちでいっぱいだ。足りない部分もあると思うが、頑張って撮影している」とし、「ハン・ガウンがどんな姿で登場するか楽しみにしていただきたい。ドラマ『君主』も応援していただきたいと思います」と愛情のこもった感想を伝えた。

「君主」の制作会社側は「キム・ソヒョン演じるハン・ガウン役は義理が固く、聡明な気質があるしっかりとした朝鮮時代の女性だ」とし、「これまでその年齢らしくない、様々な演技のスペクトルを積み上げてきたキム・ソヒョンのしっかりとした内攻が輝くと確信する。キム・ソヒョンの活躍を楽しみにしていただきたい」と明かした。

「君主」は歴史的な事実を中心に再創造された“ハイブリッドファクション(ファクト+フィクション) 時代劇”で、新しく斬新な突風を予告している。「自己発光オフィス」の後番組として韓国で5月から放送される予定だ。