春になり、美しい花々を愛でる機会が増え嬉しい限りだ。

英イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーのキングストン・アポン・ハルという街の一画でも、美しい黄色い花が一面に咲き、人々の目を楽しませてくれている。

ほら、このとおり▼

これは、「UK City of Culture 2017」に選ばれたこの街が、現在行っているイベントの1つで、ご覧のとおり、咲き誇っているのはすべてLEGOでできた水仙の花である。

Instagramの投稿には以下のような説明が。

本日、キングエドワード・スクエアにサプライズ登場!

イースターにあわせて咲いた、14万6400個のLEGOブロックで作った、1700本の水仙の花を見に来てください!

今月10日から18日までの期間限定で、LEGO水仙が街の一画を彩っているのだ。

hull whats on

同投稿には1100件を超える「いいね!」が付き、「なんて素敵!」「子どもを連れて見に行きます!」「絶対見たいわ」と大きな注目を集めている。

また、実際に足を運んだ人からのツイートも相次ぐ事態に。

「なんて美しい街なんだ!」

「息をのむ光景!こんなに大量のLEGOを目にしたのは人生初」

「ハルの街で今朝目にしたサプライズ…LEGOの水仙です」

鮮やかなLEGO水仙に、春を待ちわびていた多くの人々が目を細めているようだ。