tv_20170412152109.jpg

写真拡大

離陸直前の旅客機内から引きずり出される男性客の映像が流れた。通路に仰向けにされ、シャツが胸近くまでめくり上がり、叫び声があがった。「何も悪いことはしていないのに、なぜ?」と、司会の夏目三久が米国シカゴ発のユナイテッド航空国内便で9日(2017年4月)起きた驚きの事態を伝えた。

原因は「オーバーブッキング」という定員超過。定員割れを防ぐためにキャンセルを見込んで多めの予約を受け付けたため、客を4人多く乗せてしまった。ユナイテッド航空は1人800ドル(約8万9000円)支払うことで自主的に降りる客を募ったが、3人しか応じなかった。そこでコンピューターで無作為に1人を選んだものの、その男性が拒否。保安担当者3人が強引に外に出したという。「あなたたち、なにをするの」「オーマイゴッド」という声が周囲の乗客からもあがった。

保安担当者1人を停職扱いに

その模様を乗客の1人が撮影してネットに投稿していた。撮影者によると、男性はアジア系の医師で、翌日に患者を診る必要があったという。批判が殺到し、ユナイテッド航空は男性に謝罪したうえ、調査を約束した。空港当局は保安担当者の1人を停職扱いにした。

東尾理子(元ゴルファー)「定員オーバーにあった経験はあるけど、強引に引きずりだすシーンは見たことがありません。あり得ない」

鎌田靖(元NHK記者)「日本の航空会社では無理に引きずり降ろすことはありません。ユナイテッドといえば世界最大の航空会社で、考えられません」