沢村一樹から“薩摩弁”についてプレッシャーを掛けられる鈴木亮平

写真拡大

2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」(NHK総合ほか)の新出演者発表会見が行われ、主演の鈴木亮平のほか、北川景子、高橋光臣、堀井新太、高梨臨、沢村一樹、斉藤由貴、小柳ルミ子、鹿賀丈史が登壇した。

【写真を見る】篤姫役は北川景子に決定!

「西郷どん」は、鈴木演じる西郷隆盛(吉之助)が、生涯の師・島津斉彬と出会い、波瀾万丈の生涯の中、比類なき革命家へと成長していく姿を描く。

大河ドラマ初出演の北川は、のちの篤姫、於一(おいち)を演じる。国の命運を懸けて、13代将軍・徳川家定の元に嫁ぐが、婚儀をまとめるべく動く西郷との間には、淡い恋も描かれるという。

NHKドラマに出演するのも初めてという北川は、「とても緊張しています」と語りながらも、「篤姫は強くて精神的に自立した女性という印象。先輩方の演じた篤姫や史実から学び、脚本のオリジナリティーも大切にしながら演じていきたい」と抱負を明かした。

新たな共演者を迎えた鈴木は、「先日に続いて理想的なキャスティング。ふんどしを締め直して、クランクインに向かっていきたい」と決意を新たにしていたが、「実は、先ほど皆さんと少しお話をしていたら、沢村さんから『鹿児島弁やっている? 今からやっておかないとやばいよー!』とプレッシャーをかけていただきました(笑)」と告白。

薩摩藩の重臣・赤山靭負(ゆきえ)役の沢村は、実は、今回新たに発表されたキャストの中では唯一の鹿児島出身。

沢村は、「鹿児島弁は本当に大変なので、上京している友人たちと鈴木君を囲む会を開いて、叩き込んでやろうかと思っています(笑)。でも、吸収するスピードも早いと期待しているので、撮影前に何度か食事できたらいいなと思います」と温かい言葉を掛けた。

これには鈴木も、「大学では言語学を学んでいたこともあって、薩摩弁も妥協したくないと思っていました。演技の前にある大きなハードルとして乗り越えたいと思います」と、しっかりと受け止めていた。

このほか、高橋光臣は西郷の同志でありながら嫉妬から対立することもある有村俊斎役、堀井新太は西郷を兄のように慕う村田新八役、高梨臨は西郷が正義に目覚めるきっかけを作る農家の娘・ふき役、斉藤由貴は於一の教育係・幾島役、鹿賀丈史は薩摩藩27代当主・島津斉興(なりおき)役、小柳ルミ子は斉興の側室・由羅役を務める。

また、会見には欠席となったが、北村有起哉が、幼少期から西郷と共に学ぶ大山格之助を演じることも発表された。