CLでの戦いを楽しむシュマイケル「リーグ2時代はテレビで見ていた舞台」

写真拡大

▽レスター・シティのデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルが、12日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアトレティコ・マドリー戦に向けた前日会見に臨んだ。スペイン『マルカ』が報じている。

▽会見に出席したシュマイケルは、CLでの戦いを楽しんでいることを強調。また、対戦相手であるアトレティコの守護神を務めるスロベニア代表GKヤン・オブラクを称えた。

「CLのようなプレッシャーがかかるゲームを戦えることに感謝しているよ。リーグ2(イングランド4部相当)でプレーしていたときはCLの試合をテレビで見てい。この舞台はフットボーラーの誰もが夢見ているものなんだ。アトレティコには国際的なGKがいるね。彼は素晴らしい選手だと思うし、対戦できてうれしいよ」

「確かにレスターは欧州で有名ではないし、欧州での歴史も浅い。ただ、僕らはアトレティコがどんなプレーをするか知っているし、どう対処しなければいけないかわかっている」