16-17NBA、ゴールデンステイト・ウォリアーズ対クリーブランド・キャバリアーズ。3ポイントシュートを決めて喜ぶゴールデンステイト・ウォリアーズのステフェン・カリー(2017年1月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】米プロバスケットボール(NBA)、2016-2017年シーズンのジャージー売り上げランキングが11日に発表され、ゴールデンステイト・ウォリアーズ(Golden State Warriors)のステフェン・カリー(Stephen Curry)が、前回のNBAファイナルで苦杯をなめたクリーブランド・キャバリアーズ(Cleveland Cavaliers)のレブロン・ジェームズ(LeBron James)を抑え、堂々の1位に輝いた。

 12日にレギュラーシーズン最終戦を迎える今季の売り上げで、昨季の最優秀選手(MVP)に選出されたカリーがトップに立った一方、去年のNBAファイナルでウォリアーズを破り、キャバリアーズを頂点に導いたジェームズは2位となった。カリーの同僚ケビン・デュラント(Kevin Durant)が3位に入り、オクラホマシティ・サンダー(Oklahoma City Thunder)のラッセル・ウェストブルック(Russell Westbrook)を4位、キャブスのカイリー・アービング(Kyrie Irving)を5位に抑えている。

 自身最高位に立ったウェストブルックは9日、トリプルダブル達成回数でオスカー・ロバートソン(Oscar Robertson)氏を抜き、55年ぶりに歴代最多記録を更新した。

 また、ウェストブルックとともに今シーズンのMVP候補に名前が挙がっているヒューストン・ロケッツ(Houston Rockets)のジェームス・ハーデン(James Harden)は10位につけている。

 チーム別ではウォリアーズが昨年に続いて首位を維持し、2位以降はキャバリアーズ、シカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)、ロサンゼルス・レイカーズ(Los Angeles Lakers)、ニューヨーク・ニックス(New York Knicks)の順で続いている。
【翻訳編集】AFPBB News