チソン、妻イ・ボヨンに言及「お互いの演技についてアドバイスはしない」

写真拡大

俳優チソンが妻イ・ボヨンについて言及した。

11日に韓国で放送されたSBS「本格テレビ芸能」では、SBSドラマ「被告人」で主演を務めたチソンのインタビューが公開された。

この日リポーターはチソンに「『被告人』の後番組が『耳打ち』なんですが、ビックリしましたよ」と話した。チソンが主演を演じた「被告人」の後番組はイ・ボヨンが主演を演じる「耳打ち」だ。

これに対してチソンは「セットが隣でした」と説明し、チソンが「被告人」のパク・ジョンウの姿で「耳打ち」の撮影現場を訪ねた姿が公開された。

イ・ボヨンはチソンに「監督が特別出演してほしいって」と言い、チソンは監督に「ボヨンがカメラに変に映ったら、監督のせいだよね?」と冗談を言った。

以後、チソンはリポーターの「お互い演技に対してアドバイスとかしますか?」という質問に対して、「しません。自分でやっています」と答えた。

また、チソンの主演作の後番組のバトンをイ・ボヨンが引き受けたことに対して「私たちも予想もしなかったことなので、とても嬉しいし、感謝しています」と話した。