大型バイクながらも手軽にスポーツ走行が楽しめることで人気の650ccクラス。今回カワサキから、魅力的な2つのスポーツモデルが登場しました!

軽快かつエキサイティングな走りが楽しめることが評判の「Ninja 650」に追加されたのは「KRT Edition」。

シャープでアグレッシブなデザインは、Ninjaを象徴するスポーティーなイメージそのものです!

車体のデザインには、ワールドスーパーバイク選手権で戦う「Ninja ZX-10R」と同イメージのカラーリングが採用されました。

タンク上部にはKawasaki Racing Teamのデカール、ライムグリーンとブラックで彩られたグラフィックは、最高峰のレーシングマシーンを彷彿させます。

また、「完全新設計」のシャーシが採用され、軽量なフレームとスイングアームにより、俊敏なハンドリングを実現したそうです。

扱いやすくトルクフルなエンジン特性は、普段使いからツーリングまで様々なシチュエーションで実力を発揮しそうです。

もう一台は今回新たに発表された「Z650 ABS」。「気軽に乗れる扱いやすさ」と「優れたスポーツ性能」を両立した「ライトウェイトスーパーネイキッド」として登場しました!

軽量でスリムな完全新設計フレームは、軽快なハンドリングを実現。

パワフルなパラレルツインエンジンは、低中速回転域での豊かなトルクと高速回転域でのスムーズな吹け上がりを獲得したとのこと!

また、スーパーネイキッドZの誇る「五感を刺激する乗り味」や「Sugomiパフォーマンス」と「Sugomiデザイン」を継承。

エキサイティングでありながら、親しみやすさも感じられる大型バイクとして多くのライダーを魅了すること間違いなしですね!

Ninja650とZ650ともに「ETC車載器キット」が標準装備されます。

また「ギアポジションインジケーター」を装備し、アクセサリーでは「ソフトパニアケース」「トップケース」がラインナップされるなど、スポーツ走行だけではなく、ツーリングバイクとしての装備も充実しています!

今回発表された「Ninja 650 ABS KRT Edition」と「Z650 ABS」は、どちらも扱いやすい大型ミドルクラスのスポーツバイクでありながらも、ツーリングユースも視野に入れた魅力的な2モデルです。

個人的には、リッターバイクよりも扱いきれるパワーと、軽量な車体を両立した大型ミドルクラスは大好きですので、このクラスがますます充実していくことは嬉しいですね!

(ライター:張山 和希/Moto Be バイクの遊び方を提案するWEBマガジン

【関連記事】


【ライダーの疑問】すり抜けってどうなの?警察官に聞いてみた


【夜ツーのススメ】夜の空港はブラッとツーリングに最適なスポットだった


【ROCK】音楽好きにはたまらない!ギターペイントのヘルメットがかっこ良すぎる!


ケツ痛解消できんの?ライダークッション「ワイルドアス」を500kmツーリングで使ってみた結果

600クラスに新たな刺客!? カワサキから「Ninja 650 ABS KRT Edition」と「Z650 ABS」が新発売!(http://clicccar.com/2017/04/12/454959/)