日本ではまず考えられない「クレイジーヘアーデー」という学校行事をご存じだろうか?

この日ばかりは、派手な色に髪を染めたり、ジェルで存分に立たせたり、飾りを付けたり、編み込んだりと、とにかく奇抜なヘアスタイルで学校に行くという、欧米ではポピュラーな行事である。

クレイジーヘアーデーには、凝りに凝った子どもの髪型をSNSに投稿する親が後を絶たない。

ある少女の髪型が大注目

今年もある少女のヘアスタイルが大きな注目を集めている。

こちらの女の子である。

ご覧のとおり、少女に髪の毛はなく、きれいなスキンヘッドには、これまた美しいラインストーンで素敵なデザインが施されている。

彼女は米ユタ州に住むGianessa Wrideちゃん(7)。

数か月前から異変

KUTVが伝えるところによると、Gianessaちゃんの母Daniellaさんは数か月前、娘の異変に気が付いたという。

彼女の髪の毛をとかしていると、ブラシにごっそりと抜けた毛が絡みつくようになったのだ。

皮膚科を予約し病院を訪れる頃には、Gianessaちゃんの髪の毛はすっかり抜け落ちていた。

脱毛症で治療法はない…

診断結果は自己免疫疾患による脱毛症で、治療法はないと言われた。

年頃の娘の気持ちを思うと母もひどく落ち込んだが、娘にはこう話したという。

「このまま悲しんで惨めに過ごすか、それともこの状況の中で楽しみを見つけるか」と。

クレイジーヘアーデーを楽しむために

今年初めにはほとんどの髪の毛が抜けてしまったGianessaちゃんだが、クレイジーヘアーデーは楽しみたい!というわけで家族会議が開かれた。

シール型のタトゥーやボディーペイントなどが検討されたが、結局ラインストーンのシールに決まったと、Mail Onlineは伝えている。

カラフルなラインストーンで花やフクロウをデザイン。

daniellawride/Instagram

daniellawride/Instagram

キラキラの頭に、Gianessaちゃんもこの笑顔。

daniellawride/Instagram

称賛の声が続出

当初友達の反応を気にしていたGianessaちゃんだったが、母曰くこの「クレイジーヘッド」で登校すると、クラスメイトにも大好評だったとか。

Instagramで公開された上の写真にも「とってもきれい」「素敵!」と称賛の声が寄せられた。

ちなみに、Gianessaちゃんは他にもこんなアクセサリーを付け、今のこの状況を楽しんでいる。