tv_20170412134956.jpg

写真拡大

「日本の国民も浅田真央ちゃんの演技を見て、泣いて笑って喜んで、いろんな感情をたくさんもらいました。そこで、ファンのみなさんを中心に国民栄誉賞をあげてほしいという声が広がっています」と森本さやかアナがけさ12日(2017年4月)のサンケイスポーツで紹介する。

 

「真央 国民栄誉賞だ」。サンスポの一面トップにはこんな大見出しが載っている。その横に「沙保里が 菅官房長官が後押し」とサブ見出し。自身も国民栄誉賞を受賞したレスリングの吉田沙保里は「私は13連覇で頂きましたが、真央ちゃんもそれに値する」と推奨し、菅義偉長官は会見で「フィギュアスケートの魅力を凝縮したような演技で、多くの国民の心を魅了した」と述べた。

 

森本「このふたりが後押しして、もしかしたら国民栄誉賞という声も・・・出てきているようですね」

「不思議じゃない」と小倉智昭

 

司会の小倉智昭「不思議じゃないですよね。これだけ頑張ったのだから。浅田選手の引退についてどう思っていますか」

 

深澤真紀(独協大学特任教授、コラムニスト)「複雑な気持ちですね。年上の人から下の人まであこがれたり、共感したり、励まされたりしてきたんだなと思いますね。まだこんなに若いんだから、これからの人生がずっと長いわけで、これからも楽しみですね」

 

小倉「26歳で引退ですね」

 

デーブ・スペクター(テレビプロデューサー)「日本はフィギュアの位置づけが高いので引退しても出番がいっぱいあるんですよね。解説、CM、タレント、アイスショーも。これまでよりも、むしろ出る場面は増えると思いますので、ファンも本人も寂しくはないと思いますよ」

 

たしかに、まだ26歳。これからどんな活躍をしてくれるか。