キム・オクビン、チュウォンら所属のファイブラザーズと専属契約を締結

写真拡大

女優キム・オクビンがファイブラザーズと専属契約を締結した。

本日(12日) ファイブラザーズは「女優キム・オクビンと専属契約を締結した」と明らかにした。また「作品ごとに個性あふれる演技で好評を受けてきたキム・オクビンが、演技派俳優の位置づけを続けていけるように、サポートを惜しまない」と明らかにした。

これまでキム・オクビンは、さまざまな作品で人々の脳裏に強い印象を残すほど、個性あふれるキャラクターを演じてきた。いつも彼女だけのカラーを保ち、映画「渇き」ではスクリーンを掌握する演技力で、カンヌ国際映画祭をはじめ、全世界の映画祭から注目を集めた。

その他にもキム・オクビンは映画「高地戦」で北朝鮮軍スナイパーのチャ・テギョン役を務めて熱演し、「国選弁護人ユン・ジンウォン」では決断力のある記者スギョン役、ドラマ「ユナの街」ではスリ師の娘ユナ役に扮した。

最近は映画「悪女」の終盤部分の撮影に取り掛かっている。劇中キム・オクビンは、中国で殺し屋として育てられた女性に扮する。神秘的に美しいながらも中性的なイメージがはまり役だったという。

忠武路(チュンムロ:韓国映画の代名詞) では稀だった、女優の鋭いながらも精密な高難度アクションを、合気道とテコンドー有段者のキム・オクビンの演技を通じて披露する点だけでも観客の期待を高めている。

ファイブラザーズはキム・ユンソク、ユ・ヘジン、キム・サンホ、チュ・ジンモ、カン・ジファン、チュウォン、ソ・ヨンヒ、イ・シヨン、ファン・ウスレ、イ・ダヒ、イ・ドンフィ、パク・ヘス、イム・ジヨン、元Secret ソナ、オ・ヨナ、ユ・スンモク、ミン・ジヌン、キム・ソンオらが所属している事務所で、マネジメント、ドラマ、映画制作、流通事業など、さまざまなコンテンツを制作する総合エンターテインメント会社として、業界をリードしている。