最高人民会議第13期第5回会議(2017年4月12日付労働新聞より)

写真拡大

北朝鮮の平壌で11日、日本の国会にあたる最高人民会議第13期第5回会議が行われた。会議には金正恩党委員長も出席した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

会議には、最高人民会議代議員をはじめ党、武力、政権機関、社会団体、省・中央機関、科学、教育、文学・芸術、保健医療、出版報道部門の幹部らがオブザーバーとして出席した。

会議では、国家経済発展5カ年戦略遂行のための課題、国家予算、教育関連、組織問題などが議論された。

また、1998年に廃止されていた外交委員会が復活され、委員に李洙墉(リ・スヨン)、李龍男(リ・リョンナム)、李善権(リ・ソングォン)、金貞淑(キム・ジョンスク)、金桂官(キム・ゲグァン)、キム・ドンソン、チョン・ヨンウォンの各氏が選挙された。

19年ぶりの外交委員会の復活によって、対外関係の改善に力を入れる姿勢を示したという見方がある。