「ユナイテッドは恥を知りなさい」
と猛抗議

写真拡大

 米ユナイテッド航空に対して、セレブリティたちがTwitterで非難の声をあげているとエンターテインメント・ウィークリー誌が報じた。

 米シカゴのオヘア国際空港で4月9日(現地時間)、ケンタッキー州ルイビル行きのユナイテッド航空3411便の機内で、乗客が警察によって引きずり出される事件が発生。原因はオーバーブッキングで、乗務員は中国系アメリカ人に席を譲るように求めた。本人が拒否すると乗務員は警察官を機内に呼び、この警察官が強引に連れ出そうとしたために、乗客が血みどろになるというハプニングが起きた。

 その場に居合わせた複数の乗客がこの様子を記録した動画をSNSでアップしたため、ユナイテッド航空に非難が殺到している。「グローリー 明日への行進」のエバ・デュバネイ監督は、「顧客の信頼を裏切り、この悲劇を煽動したユナイテッドは恥を知りなさい」とツイッターで抗議。「美女と野獣」のジョシュ・ギャッドは「先週ユナイテッドに乗ったんだが、いま病院のベッドからこのツイートをしていることにならなくて良かったと思う」と皮肉っている。

 さらに、女優のシャノン・ウッドワードは「今日ユナイテッド航空はアメリカ大統領になった」と姿勢をちくり。「アベンジャーズ」のジョス・ウェドン監督は、ユナイテッド航空の安全のためのアナウンスにからめ、「他のお客さまの快適さと安全確保のため、我々は搭乗グループ番号順に残虐行為を行います」とジョークを綴っている。