ナイジェリア北東部のマイドゥグリにあるバス停で発生した、少女による自爆攻撃の現場に立つ警察官(2015年6月22日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】国連児童基金(ユニセフ、UNICEF)は12日、ナイジェリアのイスラム過激派組織「ボコ・ハラム(Boko Haram)」によって自爆攻撃をさせられた子どもの数が、今年1〜3月に「憂慮すべき」レベルにまで急増したと明らかにした。その多くは少女だという。

 ボコ・ハラムは、ナイジェリア北東部やチャドと国境を接するチャド湖(Lake Chad)周辺の人が多く集まる市場やモスク、難民キャンプを標的に、子どもを用いた自爆攻撃を増やしている。

 専門家らによると、今年1〜3月に発生したボコ・ハラムによる子どもを利用した自爆攻撃は27件で、9件だった前年同期から急増している。

 ユニセフは報告書の中で、2014年以降にナイジェリア、チャド、ニジェール、カメルーンの公共の場で行われた攻撃で、117人の子どもが利用されたと指摘。その大半が少女だという。

 報告書によると、2014年が4人、2015年が56人、2016人が30人だった。

 ユニセフ西部・中部アフリカ地域事務所のマリー・ピエール・ポワリエ(Marie-Pierre Poirier)代表は、「紛争の中で子どもが利用されるものとしては最悪のケースだ」と非難した。
【翻訳編集】AFPBB News