ZE:A ヒョンシク、UAAと専属契約を締結…ソン・ヘギョ&ユ・アインと同じ所属に

写真拡大

ZE:AのヒョンシクがUAA(United Artists Agency) と専属契約を締結した。

UAAは本日(12日)、公式報道資料を通じて「俳優ヒョンシクがUAAの新たな家族になった。ヒョンシクの新たな跳躍を応援してほしい」と明らかにした。

ヒョンシクは、演技力とスター性を兼ね備えた俳優として注目を集めている。2012年に俳優デビューし、tvN「ナイン 〜9回の時間旅行〜」、SBS「相続者たち」を通じて可能性を認められた。2014年にはKBS 2TV「家族なのにどうして」で新人賞を受賞した。

その後、さまざまなジャンルで幅広い演技力を見せた。SBS「上流社会」、KBS 2TV「花郎(ファラン)」、JTBC「力の強い女ト・ボンスン」など、現代劇と時代劇、ラブコメディなどを網羅した。

UAAはヒョンシクとの出会いを“幸運”だと表現した。「ヒョンシクは多彩な魅力や素晴らしい演技力を持つ俳優だ。彼と一緒に仕事ができるのは非常に大きな幸運だ」と話した。

ヒョンシクが俳優として真価を表すことができるよう、積極的にサポートするという立場も伝えた。UAAは「ヒョンシクは無限の修飾語をつけられる俳優だ。UAAは、彼が真価を発揮できるようサポートする」と付け加えた。

UAAは、ソン・ヘギョとユ・アインが所属する俳優専門事務所だ。体系的なマネジメントシステムを通じて、俳優が作品にのみ集中できる環境を提供している。ヒョンシクとUAAの相乗効果に期待が高まっている。

UAA側「ZE:A ヒョンシクと専属契約?ドラマが終わってから再度協議する」