『TABOO』

写真拡大

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディが主演・製作総指揮を手掛けた歴史大作ドラマシリーズ『TABOO』が、スターチャンネルにて4月25日(火)より独占日本初放送となる(第1話初回放送無料)。

リドリー・スコット率いるScott Free Londonが製作にあたった本作は、『SHERLOCK/シャーロック』の英BBCで今年1月より放送されると初回視聴者数が約700万人を記録。すでにシーズン2製作も決定している。

トムと彼の父チップス・ハーディが原案を出し、『イースタン・プロミス』のスティーヴン・ナイトが脚本に仕上げた物語の舞台は19世紀初めのイギリス。アフリカから帰国した一人の男を主人公に、復讐、裏切り、禁断の愛という禁忌<タブー>を描いた作品だ。

1814年イギリス。一人の男がアフリカから戻る。男の名はジェームズ・ディレイニー。10年余り前にアフリカへ向かった際に船が沈み死んだものと思われていたが、先ごろ亡くなった父が所有する土地を譲り受けるため戻ってきたのだ。ディレイニー家の土地を狙うイギリス東インド会社からの買い取りオファーを拒否するジェームズ。父が殺されたと知っていた彼は、敵を討つべく復讐に乗り出す。しかしその前に、東インド会社、イギリス帝国、腹違いの妹ジルファとその夫、アメリカ合衆国などが立ちはだかる...。

トム以外の出演者は、『ゲーム・オブ・スローンズ』のジョナサン・プライスとウーナ・チャップリン、『戦場の小さな天使たち』のデヴィッド・ヘイマン、『ボーン・アイデンティティー』のフランカ・ポテンテ、『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のマイケル・ケリー、『SHERLOCK/シャーロック』のマーク・ゲイティスなど。

スターチャンネルではまた、『TABOO』放送を記念し、トム・ハーディ特集も実施! 代表作の『マッドマックス 怒りのデス・ロード』はもちろん、驚異の肉体改造で実在する犯罪者を演じきった『ブロンソン』、禁酒法時代のアメリカの無法者を好演した『欲望のバージニア』、強盗事件をきっかけに犯罪の渦に巻き込まれていく男の繊細な演技が光る『クライム・ヒート』、レオナルド・ディカプリオに懇願されて演じた悪役でアカデミー賞初ノミネートを果たした『レヴェナント:蘇えりし者』と、いずれも必見の出演作5本だ。

■放送情報
・『TABOO』
 [字]【STAR 1】4月25日(火)より毎週火曜 23:00 ほか
 [二]【STAR 3】5月4日(祝・木)より毎週木曜 23:30 ほか

・トム・ハーディ特集
 『ブロンソン』...【STAR 2】4月17日(月)深夜0:00
 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』...【STAR 2】4月18日(火)21:00
 『欲望のバージニア』...【STAR 2】4月19日(水)21:00
 『クライム・ヒート』...【STAR 2】4月20日(木)21:00
 『レヴェナント:蘇えりし者』...【STAR 2】4月21日(金)21:00

(海外ドラマNAVI)