大気汚染物質のためにくすんだソウルの空(資料写真)=(聯合ニュース)

写真拡大

【世宗聯合ニュース】韓国環境部は8月に韓国で開催される韓中日の3カ国環境相会合(TEMM)に向け、今月26日に仁川で3カ国による局長級会合を開き、大気汚染物質など環境分野の懸案と協力策を話し合う。

 局長級会合では3カ国環境相会合で採択される共同コミュニケの作成、環境協力に関する2015〜19年の共同行動計画の履行状況点検、17〜18年の推進事業などについて実務的に協議する。
 第19回3カ国環境相会合は8月24、25の両日にソウル近郊の京畿道・水原で開催される。北東アジアの環境問題を話し合う協力体で、3カ国の持ち回りで毎年開催されている。
mgk1202@yna.co.kr