今月のテーマは「出会い」! いうことでコスモポリタン編集部メンバーは「自ら出会いに行く」を実践。第2回は「オンライン」からの出会いについて。

「Fun Fearless Female」をコンセプトに、恋愛も仕事も恐れずに楽しむ女性を応援する、コスモポリタン編集部で働き始めて約1年半。日々、世界中から同じマインドを持つ女性の書く恋愛記事をリサーチしたり、Ayako編集長によるポジティブな「恋愛マインド」を学んでいると、この編集部にいるだけで知識が増えていきます。仕事しつつも、これはもはや「恋愛道場」! だいぶ前向きに出会いを求めるようになったかなと思います(ちなみに私は未婚/彼氏ナシ歴1年)。

記事の話をしていると、よく恋愛(というか人生)相談を受けるようになってきました。仕事が忙しく、新しい出会いがない、このままでいいのかわからない…。私も同じ状況にいるものの、今行き着いているのは「後悔しない行動をする」ということ! 今は「パートナーがほしい」と思っているものの、アプリを使って実際に会ってみたり、ミートアップに行って人のつながりを増やしたりしています。

相談してくれた人にも同じ話をし、なんでも始めることをオススメしますが、いまだに「オンラインでの出会いは怖い」「初めての人の会に1人で行くのは…」と言い、そして「どうしたいの?」と聞くと、「オリンピックまでに誰かいい人を」と。本当の"目標"があるにも関わらず、運命任せに「結局なにもしない」という人が多いのかなという気がします。

確かにオンラインだと何でも言っていいと思っている人もいたり、会ってみたら変だったという人もいると思います。が、無視する、ちゃんと断るという自分の意思を持った行動をする女性になることが大事かなと! というわけで、今回は私が実際に使った様々なアプリの率直な感想をご紹介しようと思います。(「Tinder」を使っている人は多いと思うので、別のマッチングサイトを…)

「Happn」

すれ違ったタイプの人と「また出会わないかな〜」と思ったことありませんか? 私はあります。というわけで始めたのが、フランス発のすれ違った人とのマッチングができるこちら。お互いが「いいね!」すると、「クラッシュ」が起こってメッセージのやり取りが可能に。住んでる場所、会社近辺など、どこの生活圏内がかぶっているか事前にわかるのもいいところ。

「OKcupid」

とにかく世界に男性はたくさんいるんだ!と気付くのがこのアプリ。日本人よりも海外のユーザーが多いのが特徴です。事前に質問に答えておくと、相手との相性が事前にわかるのもうれしい。マッチングせずとも、直接メッセージを送ることができます(その分メッセージも来ますが…)。ちなみに友人2人はこのアプリで彼ができました。

「Pairs」

こちらは累計で500万人が利用し、マッチング組数は3200万人というアジア圏で人気のアプリ! 実は友人の2人が、このアプリを使って結婚(!!)しました。事前に趣味などグループに入っていると、共通の趣味を持つ人が「いいね!」をしてくれてメッセージのやり取りが可能に。男性は会費制なので、ちゃんと払える人が登録していると思うと安心。

Bumble

いろんなアプリを始めてみると、男性からのメッセージがたくさん届くことに驚きます。でも、すべてに対応するのが難しいときに、返信しないのも無視してる気がして罪悪感を感じるという人もいるかもしれません…。このアプリの特徴はマッチした後、最初の挨拶は"女性からしかできない"ということ。また時間制限もあり、24時間以内に返さないといけないのも、行動するきっかけになりますね!

ご紹介しましたが、本当に行動するかしないかは人それぞれ。ただ、もし出会いが欲しいとぼんやりと思っているなら、これからの人生に必要なものは何で、なにが大切なのかきちんと向き合って、そのために今しなきゃいけないことにフォーカスしてみるのが大事だと思います。自分の生きたい人生を生きるために!