ひと晩寝かせたほうがおいしいとされる「カレー」ですが3月8日、東京・世田谷の私立幼稚園の園児67人と教職員9人が、同日昼に食べたカレーが原因で下痢などの症状を訴える事案が発生しました。

 報道によると、カレーは前日に2つの大鍋を使って作られ、そのままひと晩、常温で保存、食べる直前に温め直したといいます。園児らは下痢や腹痛、おう吐などの症状を訴え、複数の人の便から「ウェルシュ菌」が検出されたそうです。

筑前煮やローストビーフなどでも

 日本食品衛生協会の栗田滋通技術参与によると、ウェルシュ菌とは、人や動物の腸管内や土壌、下水などに存在する菌です。肉や魚、野菜などの食材にも付着し、体内へ大量に取り込まれると食中毒を引き起こすことがあります。

 特にカレーやシチューなど、とろみのある料理を大鍋で作った場合に、ウェルシュ菌による食中毒が起こりやすくなります。筑前煮やローストビーフ、肉じゃがで発生することもあるそうです。

 煮込み料理でウェルシュ菌が発生しやすいのは、以下の理由によるものです。

「ウェルシュ菌には、カプセルのような状態になる『芽胞(がほう)』があります。芽胞は100度で1〜6時間加熱しても死滅しないものもあるほど熱に強いため、料理を煮込んでもウェルシュ菌が残り、その後、増殖してしまうのです」(栗田さん)

家庭での食中毒発生率は1%ほど

 栗田さんによると、料理を常温で保存し、温度が約55度に下がると芽胞から新しい芽が出て菌が増殖し始め、43〜45度で急速に増えるといいます。とろみがついた料理や大量の料理は温度がゆっくり下がるため、増殖する時間が増えてしまいます。

 これを防ぐには、作った後にすぐ食べるか、保存する場合は、底の浅い容器で小分けにして冷蔵庫に入れ、食べる時によくかき混ぜながら、しっかり加熱するのが効果的だそうです。

 なお、一般家庭でウェルシュ菌による食中毒の発生事例は1%程度と、決して多くはありませんが、日頃から予防を心がけることが大切です。

「ウェルシュ菌は嫌気性菌であるため、よくかき混ぜて空気に触れさせること、菌が発生しやすい40度付近の時間をなるべく短くすることが効果的です」(栗田さん)

(オトナンサー編集部)