写真提供:マイナビニュース

写真拡大

fossBytesに4月10日(米国時間)に掲載された記事「Wikileaks Releases "How To Hack Windows" Secret Guide By CIA」が、WikileaksからGrasshopperフレームワークに関する27個のドキュメントが公開されたと伝えた。ドキュメントはVault 7に追加されている。このフレームワークはWindowsでマルウェアを作成するための方法がまとめられており、米中央情報局(CIA)によって使われていたものだと説明がある。

Grasshopperフレームワークおよびそのドキュメントには、Windows向けのマルウェアを開発するためのさまざまな情報がまとまっているとされている。これらツールはロシアのルートキットであるCarberpの一部を使って開発されているという説明も掲載されている。

Grasshopperフレームワークに関するドキュメントはVault 7: Projects - WikiLeaksよりダウンロード可能。同ページからはGrasshopper以外のフレームワークや情報に関するドキュメントもダウンロードすることができる。

(後藤大地)