「PCやスマートフォン、タブレットでも手軽に素早く絵を描けるように」というコンセプトで、Googleがお絵かきウェブサービス「AutoDraw」をリリースしました。最大の特徴は人工知能を活用した、サービス名と同じ「AutoDraw」機能で、ざっくりとした輪郭線やイメージを描くだけで、描きたいイラスト候補が表示されるようになっています。

AutoDraw

https://www.autodraw.com/



サイトにアクセスして「Start Drawing」をクリックするとお絵かき開始。



基本画面はこんな感じ。



左側に操作系がまとまっています。上から「選択・移動」「自動描画(AutoDraw)」「描画」「文字」「塗りつぶし」「図形」と並び、その下の青い部分は色選択。さらに下に「ズーム」「取り消し」「削除」と続きます。



目玉機能の「自動描画」は、こんな感じで描きたいものをざっくりと描くと、上に「ひょっとして描きたいのはこれですか?」と候補が表示されます。



その中から描きたかったものを選ぶと、このように用意されたイラストに置き換えられます。



なんとなく乗り物を描きたいらしいというラフの状態から……



立派なはしご車に。



絵が描けたら、左上のハンバーガーアイコンをクリックしてメニューを開き、「ダウンロード」や「シェア」が可能。今回はダウンロードしてみます。



クリックすると、すぐにダイアログが表示されて、その場でPNGファイルとしてダウンロード可能。



ダウンロードした画像はこんな感じ。白いキャンバスからはみ出ていた部分はカットされました。



「シェア」を選ぶとこんな画面になって、Twitter・Facebook・Google+での共有とリンクURLのコピーが可能。なぜか画像はアスペクト比がおかしいのですが、共有先では普通に表示されます。



URLでシェアするとこんな感じ。画像の下に「Start Drawing」というアイコンがありますが、これは見えている画像の編集用ではなく、新たにお絵かきに挑戦するためのリンクで、クリックするとAutoDrawのページが開きます。

https://www.autodraw.com/share/04YILZZBSG4C



使えるフォントはこんな感じ。日本語入力はできますが、フォント変更はできませんでした。