写真提供:マイナビニュース

写真拡大

米Instagramは4月11日(現地時間)、特定のユーザーとメッセージのやり取りが行える「Instagram Direct」をアップデートした。これにより、閲覧後すぐに消える写真や動画を送れるという、Snapchatに似た機能を導入している。受信箱を開き、画面下のカメラアイコンをタップすると、すぐに消える写真や動画を撮影して送信できる。

従来のDirectはテキストでのやりとりが主だったが、Snapchatのような開封後すぐに消える写真や動画でのコミュニケーションが可能になった。Directの受信箱を開き、画面下のカメラアイコンをタップすると、すぐに消える写真や動画を撮影して送信できる。

消えるメッセージを受け取ると、受信箱が青色でハイライト表示され、開封後1回だけ写真や動画を見られる。なお、メッセージが開封されるかスクリーンショットが撮影されると、写真や動画の送信者に通知が送られる。