画像

写真拡大 (全2枚)

 CMerTVは、電通が提供するテレビの実視聴ログに基づくデジタル広告配信・効果検証の統合マーケティングプラットフォームである「STADIA(スタジア)」との連携を発表した。

 ネット動画広告配信事業を主力事業とするCMerTVは、電通の統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」(※1)との連携を発表した。電通の統合マーケティングプラットフォーム「STADIA」の広告配信許諾の取れたテレビ受信機約50万台のデータと連携し、テレビの視聴行動や番組の嗜好性などをベースとした動画広告のターゲティング配信が可能となる。

 具体的には「テレビ視聴ログターゲティング」に基づき、「テレビCM×プレミアムメディア(※2)指定スマートフォン動画広告」のプランニングと配信が可能となり、テレビCMと紐づいたリーチやフリークエンシーの検証、またブランドリフト調査などの効果検証もできるようになる。
電通「STADIA」の概念図

※1:「STADIA」は統合マーケティングの実践に向けた取り組みの一つとして、テレビの視聴行動や番組の嗜好性に基づいて「視聴ログターゲティング」を活用し、Web媒体向けに広告を配信するサービス。ネットに結線されたテレビ受像機から取得できるユーザーの利用許諾を得た実視聴履歴などの視聴情報を基に特定されたCM接触者に対してデジタル上の広告配信・効果検証を行う仕組み。

※2:新聞社や雑誌社や専門メディア等の高品質なメディア

MarkeZine編集部[著]