50歳で出産のジャネット・ジャクソン離婚へ。不吉な占いが当たった

写真拡大

 ジャネット・ジャクソン(50)が、カタール人実業家の夫ウィッサム・アル・マナ(42)と破局したと伝えられている。

 2012年に結婚し、今年1月3日に息子Eissa君が誕生していたばかりで幸せなはずの2人だが、結婚生活にピリオドを打ったと関係者の1人がメール・オン・サンデー紙に明かした。

「残念ながら、ジャネットとウィッサムは、うまくいっていないことから袂を分かつ決断をしました」「忙しい2人ですが、破局後もよい両親であるようにはしています。Eissa君はロンドンを拠点とする母親と一緒に過ごす予定です」

 ジャネットは過去に2回の結婚歴があり、2年間の結婚生活を送ったジェームズ・デバージとは1984年に破局、その後結婚したレネ・エリゾンドとは9年間一緒にいたものの2000年に破局を迎えている。

 Eissa君が誕生した後、ジャネットとウィッサムは自宅でできるだけの時間を息子と一緒に過ごしており、ほとんど来客も訪れていないと他の関係者は話していた。

「ジャネットと赤ちゃんは元気です。彼女はサポートしてくれる人を雇い、旦那さんはずっとジャネットと一緒にいます。難しい妊娠ではありましたけど、ジャネットは本当に喜んでいて、健康な赤ちゃんですよ。素晴らしい医師団もついているんです」

 一部報道ではジャネットの家族の話として、出産直後から夫婦間の「文化の違い」が明らかになり別居に至った、と伝えている。

 また、4月10日の米ピープル誌やUSウィークリーも、離婚の事実を確認したと報じた。

 ちなみに、昨年末に米『レーダーオンラインRadar Online』が霊能力者にセレブたちの2017年を占わせたところ、なんと「ジャネット・ジャクソンは夫と別れる」と予言されていたのだ(2016年12月21日付)。でも、この占いでは「夫・ウィッサムは金とパワーを使ってジャネットを取り戻す」とも予言している。さてどうなることだろう?

<TEXT/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>