写真提供:マイナビニュース

写真拡大

LINEは4月11日、LINEを活用した法人向けカスタマーサポートサービス「LINE カスタマーコネクト」を正式に販売開始した。

同サービスは、コンタクトセンターがLINEを通じて、AIや有人によるチャット対応、音声通話対応などをシームレスに行い、状況やニーズに応じた適切なカスタマーコミュニケーションを行うというもの。

事前に登録したFAQをベースに各種AIで自動応答する「Auto Reply」や、各種チャットサービスと連携し、有人による細かなサポートが可能な「Manual Reply」、Webサイトに設置したボタンやリンクからIP電話に接続し、ユーザーの料金負担無しの通話対応ができる「LINE to Call」、携帯電話番号情報をもとに、IVRやオペレーターからユーザーのLINEアカウントにメッセージを送信し、LINE上のチャットサポートに誘導する「Call to LINE」の4つの機能を搭載する。

これら機能を、企業のニーズや既存のシステム環境などに合わせ、自由に組み合わせて実装することが可能だ。

なお、「LINE to Call」は同日よりβ版の提供を開始、「Call to LINE」は2017年夏予定でβ版を公開する予定となる。

導入を希望する企業は、LINEのパートナー登録サイトからの申請、もしくは販売・運営パートナー経由で申し込むことができる。

また、正式販売開始に伴い販売・運営パートナーを拡充し、トランスコスモスやサイバーエージェント、KDDIエボルバ、ベルシステム24、イー・ガーディアン、NTTソルコ&北海道テレマート、サイシード、テクマトリックス、モビルス、りらいあコミュニケーションズの計10社をパートナーとし、申し込みの受け付けを開始する。

該当する連携サービスを既に導入している場合は、オプション使用の申し込みをするだけで、LINEアカウントとの連携を実装することができる。

(小松原綾)