ビリー・ロード

写真拡大

人気クリエイター、ライアン・マーフィー(『Glee/グリー』)が手掛ける『アメリカン・ホラー・ストーリー』(以下、アメホラ)に、『スター・ウォーズ』シリーズのレイア姫で知られる故キャリー・フィッシャーの娘で、『スクリーム・クイーンズ』のシャネル3番役で知られるビリー・ロードが出演することが分かった。米Screen Crushが伝えた。

『アメホラ』は実際に起きた事件や現象を参考に、シーズン毎に様々な怪奇事件を取り入れているが、クリエイターのマーフィーは今年2月にアンディ・コーエンのトーク番組『Watch What Happens Live(原題)』に出演し、「昨年行われた大統領選挙について描くよ。多くの人が興味を持ってくれると思う」と、トランプ大統領が劇的勝利を収めた瞬間に触れることを明かしていた。

このほど出演が決まったビリーの役どころについては、今のところ詳細は明らかになっていないが、シーズン7において重要なキャラクターになるようだ。同シリーズではお馴染みのサラ・ポールソンとエヴァン・ピーターズの出演もすでに決定している。さらに、『アメホラ:怪奇劇場』の他のキャラクターも再度登場することが伝えられている。

『アメリカン・ホラー・ストーリー』シーズン7は5月から撮影がスタート。なお、同作はシーズン9までの製作がすでに決定している。(海外ドラマNAVI)