オリヴィア・マン

写真拡大

人気社会派ドラマ『ニュースルーム』や『X-MEN:アポカリプス』に出演したオリヴィア・マンが、NFLスター選手で恋人のアーロン・ロジャースと3年にわたる交際に終止符を打ったことが明らかとなった。米E!Onlineなどが報じている。

オリヴィアは、グリーンベイ・パッカーズのクォーターバックを務めるロジャースと2014年5月に交際が公となり、順調に関係を育んでいるように思われたが残念ながら別々の道を歩むこととなってしまったようだ。

関係者によると、別れを切り出したのはオリヴィア。二人が交際に求めるものが食い違ってしまったことが破局の引き金となり、現在もお互いに連絡を取り合ってはいるもののかなり辛い別れになってしまったとのこと。「彼らはお似合いで、ケンカをしたことすらないので復縁する可能性はあります。ですが、今のところは時間を置く必要があるのです」と情報筋は語っている。

オリヴィアとロジャースが最後に公の場でキャッチされたのはバレンタインデーで、2016年1月には左薬指に婚約指輪らしき指輪をはめた彼女が写真に収められ、ロジャースとの婚約説も流れていただけに、二人の破局報道に驚きを隠せないメディアやファンは多かったと伝えられている。

以前のインタビューでオリヴィアはロジャースとの交際について、「アーロンは、私が今まで付き合ったどの男性とも違う。彼の長所は山ほどあって、良い人の最高バージョンがアーロンなの」と語っていた。(海外ドラマNAVI)