レンジローバーのコンパクトクロスオーバーSUV「イヴォーク」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

一見、フェイスリフトかと思う程の軽擬装ですが、よく見ればフェンダーが幅広にされ、典型的なミュールボディであることが分かります。

レポートによれば、次期型にはランドローバー設計による新軽量アルミプラットフォームを採用し、全幅、ホイールベースが延長され大型化、居住空間が向上するようです。但し、フロントエンドは現行モデルのイメージを継承するものとなりそうです。

パワートレインは2リットル直列4気筒「インジニウム」エンジンが搭載される可能性が高いと思われます。

また、モデルバリエーションは現行の最新とラインナップと同じく、「3ドア」「5ドア」そして「コンバーチブル」となることが予想されます。室内では、マップビューを備えたインコントロール・タッチプロを採用、映画や音楽も自由に楽しめます。

ワールドプレミアは2018年秋以降となる模様です。

(APOLLO)

レンジローバー イヴォーク次期型、直4インジニウム搭載&プラットフォーム刷新で大型化へ!(http://clicccar.com/2017/04/12/460996/)