石崎なつみ(右)は本作で映画初主演を務めた

写真拡大

映画「ぐちゃぐちゃ」が4月22日(土)より公開される。同作は東京・下北沢の映画館・トリウッドと専門学校の東京ビジュアルアーツがタッグを組み、“学生による商業映画の製作”を目的とした「トリウッドスタジオプロジェクト」の第11弾作品。

【写真を見る】映画の魅力を語る石崎なつみ(左)と田村健太郎(右)

ビジュアルアーツ映画学科に通う山岸綾が監督と脚本を務め、26歳の女性がさまざまな“変わり者”との出会いから自身の生き方を模索する姿を優しく紡ぐ。本作で映画初主演を果たす石崎なつみと、不思議な空気感を漂わせる同僚・今泉を演じた田村健太郎に作品の見どころを聞いた。

――それぞれが演じた役について教えてください

石崎:私が演じた紗弓は、“自分”を出すのがすごく苦手で、自分がいる環境の中で生きやすいように意思を抑えて飲み込んで、全部周りに合わせちゃう女の子。

自分を出せないという部分は私自身にもあって、台本を初めて読んだとき似ているところがすごくたくさんあって(役に)共感したんです。紗弓が取る行動はもちろん、自分の部屋の中でダラダラしているところも(笑)。

ちなみに紗弓は(山岸)監督自身をベースにしたキャラクターなんですが、監督と初めてお会いした時は意気投合したというか、なんか「あ、ちょっと合うかも」って感じましたね。

田村:この作品は紗弓という女性の目線からのストーリーなので、今泉という男の背景(設定)について、実はあまり描かれていないんです。ただ、役を客観的に見ていると、今泉は社会生活の中で何の問題もなく、器用に他人に合わせることができちゃう人。

その反面、(自分の)中にあるものを隠しているというか、結構殻が厚い人間なんだと僕自身は感じました。この作品は、紗弓がそんな今泉と出会って、自分を隠している部分などが共鳴して、二人の距離が近づいていくストーリーなんですが、こういうことは程度の差はあれど、誰でも感じることだと思うんです。

社会生活、特に会社にいる時ってなかなか自分を出せないし、それに慣れちゃうともっと出せなくなる…そういう感覚は割と皆さんに共感してもらえるような役だとは思います。

――田村さんの役は、失恋して大泣きするような男性でした。

田村:僕も失恋したら公園とか行っちゃいますから (笑)! 行っちゃいません? 逆に、みんなどこで泣くんだろう? 誰にも会いたくはないけど、部屋に閉じこもるのもつらいし…。

ふらふら外行って公園っていうのはすごく分かりますし、僕も実際公園でぼーっと子どもが遊んでるのを眺めたりしちゃうと思うので…今泉の行動は自分の中でしっくりきますね。作中でもそこが大事なシーンなのかもしれないですね。

石崎:そうですね、紗弓も今泉さんが自分の感情をむき出しにしているのを見たことで、「すてきだな」って引かれたという部分はあると思います。

――お互いの役について、実際に異性として考えるとしたら?

石崎:どうなんだろう…彼氏として…うーん、どうなるんだろう(笑)。

田村:あんまりってことだよね(笑)! 紗弓は一見、静かっていうか自己主張のない感じだけど、家でAV借りてるってところは評価高いですね。あ、そういうとこ超えるんだって。

「もっと自分を出して来いよ」という感じはありますけど、1回(紗弓の)内側に入るとさらに興味が湧く。だけど内側に入るまでが固そうなので、もうちょっと隙を見せてくれれば。作中でもなかなか隙見せないもんね。だから、実生活だと仲良くなるまでが難しいかもしれないです。

石崎:そうですね、でも(作中のシーンにある)きゅうりの皮だけで笑い合える仲というのは良いですよね。

田村:あ〜、確かに確かに。そんなことで笑えるんだっていう。

――二人が初めて会話する給湯室でのシーンでの会話が初々しかったですね。

田村:今泉が急に「雨でぬれた髪の毛って臭くないですか?」と、紗弓に話し掛けるんですが、あの会話は正直、台本を読んでピンとこなかったんです。だから逆に、あれが笑いのネタとして共有できたならば二人の相性は良いのかなと。僕自身はピンときませんでした(笑)。

――二人の初キスシーンでも、初々しいやりとりがありました。

田村:はい、監督にやらされましたね(笑)。(※キスする前にお互いの鼻を指差して、じゃれ合うシーン)

石崎:監督とこのシーンについて話した時に、鼻に入れるということは紗弓が心を開いたっていう証拠の演出だと伺いました。指を鼻にプスっとすることが、お互いの心の確認作業なんです。

田村:これは僕もピンときましたね! 好きな人とじゃれ合うときって、ちょっと変なことしたくなるじゃないですか。きれいにラブシーンがあるよりも、スッていかない方がリアリティーを感じますしね。「この二人だからこそなんだな」というのを出せたらいいなと思って演じてました。

――作品の魅力は?

石崎:普段の生活の中でうまく自分を表現できなかったり、なかなか勇気を出せないことって皆さんもあると思うんです。でも紗弓は自分の枠を超えた勇気を出すことで、幸せになって輝けた。

勇気を出せずにちょっと立ち止まって「ぐちゃぐちゃ」している人の背中を、少し押してあげられる作品だと思います。

田村:初めて台本を読んだとき、「監督、自分(監督自身)入れ過ぎだろ」って思いましたね(笑)。でも嫌な感じはなく、監督が素直にやりたいことや撮りたいことが伝わってきました。

映画などの作品を作る時に、パーソナルな部分をどう多くの人に伝えるかってことは大事なことだと思うんです。でも「ぐちゃぐちゃ」はそれが変にこねくり回されてないし、「初めて見る人にどう伝わるか」という部分もしっかりと考えて作られているような気がします。

監督の“パーソナル”をちゃんと入れる、真っすぐな若さがあって好きな作品ですし、出演できてうれしいです。

石崎:監督のお友達がこの映画を見たときは、「全部山岸(監督)に見える」って言われたらしいです。本当に監督をそのままベースにしたキャラクターだったんだなって(笑)。

――脇を固める“欲望に真っすぐな男たち”が魅力的ですが、プライベートで飲みに行くなら?

石崎:プライベートで出会ったとしたら…山田(斉藤陽一郎)さんがかわいいと思いますね! 現場の女子たちの中で、3人の男性(山田、清水、徳永)に対する好みのタイプが結構分かれていて“山田推し”が断然多いですね。

「“マジックミラー号を買う”という夢のために仕事頑張るぞ!」みたいな。劇中ではマジックミラー号と写メ撮っちゃって、もう本当にかわいいんですよ(笑)。

田村:男からすると3人とも魅力的ですし、腹割って話したいですね。友達同士でどういう性癖とか知りたいじゃないですか、男って。それに、ここまでちゃんと(欲望を外に)出してくれてるのはすごく好感度高い。あ、でも徳永(板橋駿谷)はちょっと気持ち悪かったかな(笑)。

石崎:レンタルショップで紗弓に「満員電車シリーズも面白いですよ」っていうシーンの、目がすごくて…。

田村:山田と清水(森下能幸)はまだ社会的に社交性があるように感じましたけど、徳永はなんだかどんどん内に内に自分の深みに入ってるような感じがして。だからもしかしたら、徳永とは合わないかもしれないですね。でも、なんだかんだ一緒に飲みに行ってもつまらないのは今泉な気がしています(笑)。

――本作は学生が映画を製作するプロジェクトですが、石崎さんは監督と同世代ですね。

石崎:いい作品を作るために、現場の一人一人が自分の役割を全力でこなそうという姿勢を感じていたので、私も「あ、芝居で返さなきゃ!」と思っていました。この作品に懸けるみんなの思いがものすごく大きくて、自分もそこに関われて本当によかったです。

田村:今までは(現場で)自分が割と年下の方だったんですけど、こんなにも年下が多かったのは初めてだったんです。

でも、自分よりも若い方々が活躍する現場というのは、今後僕が年を取っていけば多々あるわけで。そういう時に現場でお芝居以外の立ち居振る舞いだったり、もちろんお芝居自体もそうですけど、人間どうしても年上の人には気を使う部分もあるので、自分からどう働き掛けていけるかというのを今回は考えていました。これは今後の役者人生にとって、すごくいい経験だったと思います。

石崎:逆に私は他の現場ではベテランの方ばかりで、その方々に頼っていた自分がいたんです。だけどこの作品に関わって自分の中で果たさなきゃいけない責任を自覚して、もう一度腹を決め直しました。

役を背負っているわけだから、これからは大きい役でも小さい役でも、自分がやるからには、責任持って全部出さなきゃいけないということを、この現場感じることができました。今までそれができていなかったのがすごく悔しい反面、今気付けてよかったとも考えています。

――“責任”という言葉、これは主演だからということもある?

石崎:そうですね、私次第で作品の色が変わってしまうこともあるので。紗弓は「自分に似ている」と思いながら入った役ですが、演じながら初めて分かってくることもたくさんあって…いろいろ迷ってしまうこともある中で、監督をはじめ共演者やスタッフの方々、そして周りの人にも支えていただきました。

――田村さんは、石崎さんの座長っぷりを見られていかがでしたか

田村:ほとんどのシーンに出ているので、スケジュールがタイトなわけですよね。だからずっと現場にいて大変だったはずなんですけど、常に笑顔ですごく気持ちいい空気にしてくれていた。素直でハツラツとした雰囲気が、僕も現場で「楽しいな」って感じることができたんです。

石崎さんってすごく男らしいんですよ。疲れた表情は一切出さないし、ちょっと体育会系入ってるからか返事がすごくハキハキしてる(笑)。

石崎:ばれてる、ばれてる…(笑)。

田村:若い方が多い現場で、そうやって背筋伸ばしてやってくれていたことは、周りにいい影響を与えていたんじゃないかなと思います。

――最後に映画公開を待つ方々へメッセージをお願いします。

石崎:この映画は大笑いすることもあればクスっともする。ちょっとウルっとくるところもあるし、苦しくなるところもある。本当にいろいろな感情を味わうことができる作品です。そして最後に「あ〜、なんか出てきた人たち、みんなかわいかったな」と感じていただけたらうれしいです。

田村:紗弓という主人公を「いいな」、逆に「いや、私は分かんない」って思ってもいいし、「ちょっと友達になってみたいな」「口説いてみたいな」って思ってもいい。紗弓を中心に映している約1時間の中で紗弓自身の見え方も変化するので、紗弓という人と1時間おしゃべりした感覚で、「ああこういう人もいるんだ〜」というような体温を感じてください!