中国女子バスケットボールナショナルチームの監督にこのほど就任した許利民監督は10日、「日本を倒して、アジアチャンピオンの座を奪回したい。最終的には2020年の東京五輪に出場したい」と語った。練習場に掲げられた日本がアジアチャンピオンになった時の写真。

写真拡大

中国の女子バスケットボールナショナルチームの監督にこのほど就任した許利民(シュー・リーミン)監督は10日、目先の目標について、「日本を倒して、アジアチャンピオンの座を奪回すること」を挙げ、「最終的には2020年の東京五輪に出場したい」と語った。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

■中国代表、日本代表の写真を練習場に張って闘志燃やす

中国女子バスケットナショナルチームの練習場には、日本がアジアチャンピオンになった際の大きな写真が目立つ位置に掲げられており、選手たちはいつもそれを見て闘志を燃やしている。

2015年の女子バスケアジア選手権で中国は決勝で日本と戦い大敗。その時の悔しさを今でも胸に刻む許監督は取材に応じた際、「毎日、いつ何時もライバルを目にしていなければならない」とし、「日本に勝つまで、この写真は貼ったままにしておく。勝った時にはその写真をはがして、私たちの写真を張る」と不屈の闘志を語った。

■アジアチャンピオンの座を奪還し東京五輪へ

召集されたばかりの中国バスケットナショナルチームはまだ正式な試合の段階には入っていないものの、許監督は、「目先の目標は日本を倒して、アジアチャンピオンの座を奪回すること」と選手たちに発破をかけ、最終的な目標についても、「20年の東京五輪の出場権を得て、五輪で良い成績を収めて、中国のバスケット事業に変化をもたらしたい」と意気込んでいる。

「中国の女子バスケットは数世代にわたってアジアの頂点に立ってきた。今すぐにその座を奪還するのは難しいかもしれないが、努力を通して、差を縮めて追いつき、最後に追い越したい」と許監督は語った。(提供/人民網日本語版・編集/KN)