大気汚染が深刻な中国で「空気ビジネス」が活況

写真拡大

 中国のPM2.5(微小粒子状物質)による大気汚染の猛威はすでに常識となっているが、中国の人々の間では「新鮮な空気を吸いたい」という欲求が高まり、空気の即売会が頻繁に開催されたり、空気入りの缶詰が売れているなど、空気ビジネスが盛んになっている。中国紙「広州日報」などが報じている。

 中国広東省北部に位置する清遠市では山間部は豊かな自然に恵まれており、空気がきれいなことから、観光客をターゲットにした空気の即売会が評判になっている。

 観光客の目の前で、若い女性の売り子が山中の沿道で、ビニール袋に空気を入れ、その場で販売。小さい袋は10元(約170円)で、大きな袋は30元となっている。珍しさも手伝ってか、売れ行きは好調で、1カ月で1万元もの売り上げを記録した月もあったという。

 観光客は車のなかで袋を開けて、新鮮な空気を楽しんでいるという。

 このような空気ビジネスは「広州市など都会ではスモッグで苦しむ市民が多く、きれいな空気を欲しがっている」との発想からで、市政府も補助金を出すなど支援しており、農村部でこれといった産業に乏しい同市では貴重な観光資源となっている。

 同市ばかりでなく、大気汚染で苦しむ内陸部の大都市、陝西省の省都・西安市では空気の缶詰の売れ行きが好調だ。市政府農業部が昨年から後援して、西安市郊外の山間部から採取した「清涼な空気缶」が1個18元で発売されており、すでに1万個以上が売れているという。

 この空気缶はスプレー式で、50回噴射することができ、1回の持続時間は約2分間。市政府では「今後、大気汚染がかなりひどくなるようだと、30万元を投資して、空気缶を大量生産し、1缶3元にまで価格を下げて、売れ行きを伸ばしたい」と話している。

 さらに、広大な中国市場を見込んで、海外からも空気ビジネスに参入している。ニュージーランドの企業は山岳地帯の新鮮な空気を特殊技術で鮮度を失わないように缶に詰めて、1缶24.99NZドル(約2000円)で、中国のeコマース最大手、淘宝(タオバオ)で販売している。このほか、カナダの会社も同様の空気缶を発売中だ。

 アジア最大の市場調査企業「グローバル・インフォメーション」によると、中国は世界で最大の空気缶の販売市場であり、2018年には1億6000万ドルに達する見込みで、空気ビジネス全体では2億ドル以上の売り上げが見込まれているとの調査結果も出ている。