韓国の大統領選挙の投票日(2016年5月9日)まであと1か月。主要政党の候補者が出揃った。

 大本命は、野党第一党である「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン=1953年生)氏だったが、これを野党第2党の安哲秀(アン・チョルス=1962年生)氏が急追している。各種世論調査では、「逆転」という結果も相次いでいる。

 「アゲイン2002か」。韓国では、こんな話を良く聞くようになった。

 情勢が急変し始めたのは主要政党が大統領候補者を選出し始めた3月末から4月初め。つい1週間前のことだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

情勢急変

 筆者の周辺でも、大統領選で「だれに投票するのか?」がにわかに話題になり始めた。

 「今回は安哲秀氏にする」

 こんな話を急にあちこちで聞くようになった。

 なるほど、確かに2002年の大統領選挙のときと似ている。

 筆者はこれまで、1987年に制定された現行憲法下で実施することになった大統領直接選挙をソウルで4回見てきた。

 2002年の大統領選挙は当初は「面白みのない選挙」だった。

 その前(1997年)の選挙で保守系が分裂したことで惜敗した李会昌(イ・フェチャン=1935年生)氏が、1年以上も世論調査で圧倒的な首位を走っていた。

 判事出身で金泳三政権では首相も歴任した。政策に明るく、とにかく頭脳明晰で清廉なイメージだった。

 金大中(キム・デジュン)政権を舌鋒鋭く批判して、国政、地方の各種選挙では当時の野党を連戦連勝に導いた。「準備万端」だった。

 大統領選挙の1か月前まで、「もう選挙戦は終わった」とさえ言われていた。

 ところが、野党候補になった後で一度は支持率が落ちていた盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏が11月から急速に盛り返し始めた。

 知名度が高かった鄭夢準(チョン・モンジュン=1951年生)氏との候補一本化(結局最後の最後で取り消しになったが)などで国民の関心を呼び込むことに成功した。

 さらに、現政権批判を繰り返す李会昌氏に対して、「改革」イメージを強調したことも当たった。

投票まで1か月で盧武鉉氏が爆走

 投票まで1か月を切った11月後半から12月初め。筆者の周辺で「今回は盧武鉉氏で行く」という話があちこちで出始めた。まさにあっという間のメークミラクルだった。

 今回も似たような雰囲気だが、果たしてどうなるのか。安哲秀氏の支持率はここ1年間で乱高下した。

 1年前の2016年4月、総選挙直前には、「次期大統領候補」を聞く韓国ギャラップの世論調査で、安哲秀氏は21%でトップだった。2位は文在寅氏で17%だった。

 ところが、これをピークにして安哲秀氏の支持率は下落する。ずっと7〜10%を行ったり来たりして上昇の気配がなかった。

 代わって文在寅氏の支持率が上昇した。2016年12月には文在寅氏の支持率が20%を突破した。

1か月前は、32対9だったのが…

 2017年3月(7-9日)の調査でも、文在寅氏32%、安哲秀氏9%だった。この頃韓国メディアでは、「文在寅大勢論」が盛んに報じられていた。

 文在寅氏は前回の大統領選挙でも、朴槿恵氏に迫った実績がある。候補者としての検証も受けている。「準備が出来た候補」だ。

 ところが、3月末(28-30日)の調査では、文在寅氏31%、安哲秀19%となり、4月初め(4-6日)の調査では、文在寅氏38%、安哲秀氏35%になった。いずれも有力候補がすべて出馬した場合を仮定しての調査だ。

 「文在寅、安哲秀逆転」の調査も相次いで出ている。

 4月9日に発表になった、KBS、聨合ニュースの共同世論調査では、有力5候補が出馬した場合、安哲秀氏36.8%、文在寅氏32.7%となった。

 「5者対決で安哲秀氏初めて逆転」という結果になった。他の世論調査でも似たような結果が続々と出ているのだ。どうしてこんなことになったのか?

 最も一般的な解説は、有力政党の大統領候補が続々と決まり、有権者が「自分が投票するのは誰か」を考え始めた。特に、態度を鮮明にしてこなかった保守、中道層が、安哲秀氏に結集しつつあるということだ。

保守中道層つかむ

 なぜ、安哲秀氏なのか。

 韓国では一般的に有権者の35%が保守、25%が進歩で、40%が中道・浮動層だといわれている。そんな中で今回は、初めて「保守系の有力候補がいない」選挙だ。

 朴槿恵氏の罷免で、さすがの保守層も今回は、保守系候補を盛り立てようという勢いにはなっていない。では、「文在寅大勢論」に乗れるのかというと、そうはいかない。

 文在寅氏は、民主化運動出身者で、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で青瓦台(大統領府)秘書室長を務めた。バリバリの進歩系だ。外交安保政策、特に北朝鮮に対しては融和的な姿勢ではないかという疑念が保守層の間では消えない。

 支持者の中に、過激な言動をする勢力もいる。文在寅氏は支持者も多いが、「文在寅氏だけは嫌だ」という有権者も多いのだ。

 2002年の選挙で、李会昌氏は、金大中政権批判に力を入れた。選挙で勝ち続けたために、大統領選挙でも「政権交代」を強調した。

 ところが、有権者は最後の最後で、「政権批判よりもこれからのビジョンを聞きたい。盧武鉉氏の方が未来志向ではないか」と判断した面もある。今回の選挙でもあてはまらなくはない。

 前回の大統領選挙で朴槿恵氏に敗れた文在寅氏は、「朴槿恵批判」の急先鋒だった。朴槿恵氏に連なる勢力の一掃を重点政策に掲げている。

 だが、朴槿恵氏が罷免され、逮捕にまで至ったことで、有権者の意識も微妙に変わってきた。罷免には賛成だが、次の大統領には、新しいビジョンを求めてもいる。

 文在寅氏と安哲秀氏のどちらが「未来志向」か。少なくとも、一定数の有権者には、文在寅氏が「過去の清算」にこだわりすぎているようにも見える。

 その点、安哲秀氏は、企業経営者出身で、現実主義のイメージがある。進歩的ではあるが、保守層が受け入れられないほど「過激」ではない。

 「安哲秀氏がより安心だ」という雰囲気は世論調査での「年齢別支持率」にはっきりと出ている。

年齢層で分かれる支持率

 KBS、聨合ニュースの最新の共同世論調査によると、20代〜40代では文在寅氏の支持率が上回っているが、50代では安哲秀氏43.8%、文在寅氏25.2%、60代では安哲秀氏53.3%、文在寅氏11.3%と圧倒的に優位に立っている。

 「逆コンベンション効果」。韓国の大統領選挙ではこれまで、党大会で候補者が決まると、その模様がメディアで大々的に取り上げられて、その党の候補者の支持率が一時的に上昇する傾向があった。

 今回は、「イベント性」という面では文在寅氏と個人的な人気が高い道知事、市長の有力3人が争った共に民主党の候補者選びに最も関心が集まった。

 ところが、朴槿恵氏が罷免になり、大統領選挙の早期実施が決まったことで選挙日程が限られ、ほとんどの党大会がほぼ同じ時期に開かれた。

 文在寅氏としては、「コンベンション効果」を上げることができなかった。それどころか、各党の大会を期に、安哲秀氏が一気に上昇するきっかけをつかんだ。

 さて、ではあと1か月、どうなるのか。

 では、過去の選挙はどういう結果だったのか。これまでの選挙は以下の通りだ。

▽1987年12月
当選   盧泰愚    36.6%
     金泳三    28.0%
     金大中    27.0%
     金鍾泌     8.1%

▽1992年12月
当選   金泳三    42.0%
     金大中    33.8%
     鄭周永    16.3%

▽1997年12月
当選   金大中    40.3%
     李会昌    38.7%
     李仁済    19.2%

▽2002年12月
当選   盧武鉉    48.9%
     李会昌    46.6%
     権永吉     3.9%

▽2007年12月
当選   李明博    48.7%
     鄭東泳    26.1%
     李会昌    15.1%

▽2012年12月
当選   朴槿恵    50.6%
     文在寅    48.0%

 当選者にはいろいろな「勝ちパターン」があった。

 2012年、初めて得票率が「50%」を超えたのが朴槿恵(パク・クネ=1952年生)氏だった。わずか5年前、韓国民はこれほど支持したのだ。だから逆に、一連のスキャンダルに「裏切られた」という強い憤りを感じたのだ。

 朴槿恵氏も「準備ができた候補」だった。5年前の党内選挙で李明博(イ・ミョンパク=1941年生)氏に惜敗して以来「次の最有力候補」だった。

 万全の準備をして勝利をつかんだ。だが、こういう例は意外と少ない。

 多くの場合は、合従連衡と、合従連衡失敗、が勝敗を分けた。

 現行憲法下で初めての直接投票だった1987年。民主化の風が吹きまくったが、当選したのは全斗煥(チョン・ドファン=1931年生)氏の後継者で陸軍士官学校の同期生だった盧泰愚(ノ・テウ=1932年生)氏だった。

 当選できた最大の理由は「民主化勢力」のドンだった金泳三、金大中両氏が候補を1本化できなかったためだ。2人合わせた得票率は55%。まさに「共倒れ」だった。

 1992年の選挙では、金泳三氏が盧泰愚氏と組んで「大連合」を作って、金大中氏をかわして当選した。現代財閥の創立者、鄭周永氏は短期間で16%を超える得票で注目を浴びたが、政界進出は「苦い経験」になってしまった。

 1997年の選挙では、今度は、金大中氏が朴正熙(パク・チョンヒ)氏の側近だった金鍾泌(キム・ジョンピル=1926年生)氏と手を組んで政権をつかんだ。

 李会昌氏は逆に、保守一本化に失敗した。韓国では、こういう合従連衡を「政治工学」とも呼んでいつも話題になる。

 誰と誰が組んで優位に立つか。政治記者の関心もこの点に集まる。では、今回はどうなのか。

 国会での議席数を見ると次の通りだ(2017年4月10日現在)。

▽国会勢力図

 党名    議席数   大統領候補
共に民主党  119      文在寅
自由韓国党   93     洪準杓
国民の党    40     安哲秀
正しい政党   33     劉承旼
正義党     6     沈相奵
無所属     8

 「朝鮮日報」が、4月10日付で報じた世論調査によると、この5人に加えて、無所属の金鍾仁(キム・ジョンイン=1940年生)氏の6人が出馬した場合の支持率は、

安哲秀氏   34.4%
文在寅氏   32.2%
洪準杓氏    5.7%
沈相奵氏    2.3%
劉承旼氏    1.9%
金鍾仁氏    0.6%

 という順だ。

今回は「合従連衡」可能性は低い

「政治工学的」に見れば、安哲秀氏としては、保守系候補が出馬を取りやめてくれれば、票の上積みが期待できる側面もある。だが、今回はそんな過去の「合従連衡法則」が当てはまると見る向きは、それほど多くはない。

 1つは、現実的に、いまから保守系候補が出馬を取りやめるのか。候補者を一本化するにはあまりに時間がない。さらに、安哲秀氏が、一貫して、「候補一本化」を否定しているのだ。

 安哲秀氏としては、保守・中道層の票は欲しい。ところが、朴槿恵氏を支持してきた「自由国民党」や同党とルーツが同じ、「正しい政党」の支持を得れば、朴槿恵氏の罷免を支持した多くの有権者の離反を招くことは間違いない。

 特に、進歩系の地盤である全羅道で、安哲秀氏と文在寅氏は熾烈な争いを演じているが、「朴槿恵支持勢力と手を組んだ」となれば、雪崩を打って安哲秀氏支持を撤回する恐れもある。

 単純な数合わせでは、一本化効果はあるのだが、「野合批判」でマイナスも大きい。トータルでマイナスが大きいという判断だ。

 ということで、今回の選挙は、支持率が一向に上がらない候補者が途中で出馬を取りやめたとしても、3人以上の政党候補者が出馬した上で、進歩陣営の文在寅氏と安哲秀氏が激突するという「2強決戦」になる公算が高い。

 安哲秀氏は、自分のこれまでの戦略に間違いはないと自信を深める。支持率が上昇しない時期に過去の選挙戦に習って、「合従連衡」に走らなかった。これが「ぶれない候補」として支持を集めている。押せ押せで、大逆転を狙う。

 一方の文在寅氏は、自らの「過激なイメージ」の緩和に乗り出している。「大統領に就任したらまずは米国に行く」などと語り、外交安保面での有権者の不安払拭に必死だ。また、就職難の若者を標的に、「公務員数の大幅拡大」なども打ち出している。

 安哲秀氏の大躍進を「いまがピーク」と見て、残りの期間で振り切る狙いだ。

 投票まであと1か月。「文在寅氏大勢論」から一転して、大接戦の様相を呈してきた。

 4月11日の時点では、安哲秀氏に勢いがあるが、安哲秀氏が急上昇したのもここ3週間だ。投票までまだ1か月弱。

 「突発事態が起きないと自信を持っていえる関係者は誰もいない」

 韓国紙デスクは、困惑気味にこう話す。それが、候補者のスキャンダルなのか、北朝鮮情勢なのか。あるいは、これから始まるテレビ討論会のでき次第なのか。

 桜の季節の大統領選挙は、急速に盛り上がりを見せている。

筆者:玉置 直司