上海で日本語学校の先生をやるのも楽じゃない。


 中国に渡ってからの15年間、留学から起業に至るまでの道のりを振り返っている。

【第1回】「中国語ができないと猫柄のタオルを買わされる」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48280)
【第2回】「少林寺でいきなりスカウトされた中国語武者修行の旅」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48426)
【第3回】「『出口どこ!?』ウイグルの砂漠で死ぬかと思った話」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48609)
【第4回】「日本語を学ぶ夜のお姉さん、意欲も服もすごかった」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48934)
【第5回】「『ええっ?これ?』 中国の消防士、目が点に」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49149)
【第6回】「中国人社長の熱すぎる説得で日本語学校の職員に」
(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49399)

 新しい日本語学校を立ち上げるという張さん(仮名)の猛烈なスカウトに負け、新たな職場へと移った自分。だが、そこにはやはり大きな落とし穴が待っていた。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

新しい職場の悩み

 新しく立ち上がった日本語学校で教務主任を務めることになった僕は、その時点で日本語教師経験わずか1年、しかももともと日本語教育が専門ではなかった。それでも何とかそれまで使用した教材を総動員し、見よう見まねで時間割などを作り、もう1人の先生と一緒に授業を組み立てた。

 日本語学校と言えば、最近では綺麗な女性が受付に座っていることが多いが、我々の学校の受付は張さんの親戚のおばあちゃんだった。

 日本語学校に限らず、中国企業はスタートアップの場合、たいてい家族経営であることが多い。後で気づいたのだが、我々の日本語学校でも、社長=張さん、もう1人の先生=張さんの奥さん、受付のおばあちゃん=張さんの親戚、掃除のおばちゃん=張さんの弟の奥さんで、他人は僕だけだった。

 こういう構成の場合、確かにスタート時は意思の疎通がスムーズにいくのでうまくいきやすいが、一旦事業が軌道に乗ると家族だけにもめることが多い。名だたる中国の大企業でも、兄弟や家族、夫婦で起業して成功した後、喧嘩別れしたという例はとても多い。

 ところで、ようやく立ち上がった我々の日本語学校は、当時その付近に日本語学校が無かったことや、日本のドラマが流行していたこともあり、結構な数の学生が集まり、順調なスタートを切った。長年の夢が叶った張さんは、大はしゃぎで頻繁に学校に現れては、自分も授業を担当して喜びをかみしめていた。だが、この時、僕はかなり大変なことになっていた。

 まず、通勤時間。当時、僕は上海の西の端に住んでいたのだが、学校は上海の北端にあり、バスを3回乗り換えてやっと学校に着く。要する時間は片道約3時間である。新幹線なら京都から東京まで余裕で行けるほどの通勤時間だった。土日は朝9時から授業があるので、その授業に間に合うためには朝5時過ぎには家を出ないと間に合わない。

 朝は早起きすればいいとしても、問題なのは夜だ。平日は夜9時半に授業が終わるので、すぐに家路についたとしても、帰宅時には日付が変わってしまう。毎日バスに揺られて6時間というのは、さすがにきつく、ついついタクシーを利用してしまうことも多くなり、交通費が馬鹿にならなかった。

 中国の会社では交通費や住居費といった補助は出ないのが普通なので、交通費や家賃は貧乏な僕の財政をかなり圧迫した。なにぶん給料が2000元(当時のレートだと約3万円)しかないので、その逼迫ぶりはギリシャ財政の比ではない。

 必然的に食費は1日3元(約50円)まで切り詰められ、三食とも1元のチョコレートパンを食べていた。今でこそパン屋さんでチョコレートパンを見ても何とも思わなくなったが、ついこの間までチョコレートパンを見ると気分が悪くなることがよくあった。

労働契約は甘く見てはいけない

 最初に勤めていた日本語学校では、きついなりにも受け持ち授業時間に合わせて毎月平均で7000元くらいの給料はもらえていたが、新しい日本語学校は固定で2000元。前の学校では、夏期講習などで1万元の収入になることもあったのと比べると、収入が一気に5分の1になってしまったことになる。

 その減り具合は、プロ野球選手だったら調停に持ち込むほどだが、当時の僕にはこれに対抗する術はまったくなく、2000元の給料に甘んじるしかなかった。

 思えば、当時、何の人生経験もない内向的な日本人の僕では仕方がなかったとはいえ、スタート時に張さんの口車に乗せられて、しっかりと労働契約書を作らなかったことと、冷静に考えてみれば達成できるわけがない「一定の学生を集めてきたらボーナスを支払うので、基本給は低め」という条件を受け入れてしまったのは致命的な失敗だった。

 ちなみに、中国では基本給与を低く抑えて、仕事の成果によってボーナスを得る「提成」(ティーチェン、Ti Cheng)という方法がよく使われるが、当時の僕はそれすらも知らなかったわけだから、世間知らずもいいところだった。

 わずか月2000元で日本人を雇い、自分の夢も実現させた張さんからすれば、笑いが止まらなかったに違いない。これについて、張さんの悪意を責めることは難しいし、今になってみれば、僕にとっても非常に貴重な経験だったと思うことができる。

 海外で外国人として現地で仕事を探し、働き、生活していくためには、さまざまな困難や問題にぶち当たらざるを得ないし、それがどんな大きな問題であったとしても自力で解決するしかない。

 目の前に存在する大きな問題を、自分の頭で考えて行動し、解決方法を見つけ出すという物事の進め方は、その後、会社を立ち上げたときに僕にとって非常に大きな武器になったし、1日食費3元の生活に耐えてきたことも、いろいろな意味で今でも僕の強力な心の支えになっている。

 このように文章にしてしまうと何やら悲壮感漂う雰囲気だが、当時の僕は生来の鈍感が功を奏してか、そうした悲壮感や焦りはまったくなく、ただ何となく「なんか俺、騙されてない?」くらいにしか考えていなかった。

留学生の仲介アルバイト

 通勤時間往復6時間、給料2000元はさすがに厳しいと感じた僕は、張さんにこの現状を正直に話して、アルバイトを始める承諾を得た。当初は難色を示した張さんだったが、給料上げろと言われるよりはよいと思ったのか、最後は一応、僕のアルバイトを認めた。

 といっても、別に日本語教師とまったく違う仕事をしたわけではなく、日本語学校の仕事の延長線上にあるバイトだった。それは、中国の日本語学校で勉強している「日本へ留学したいと考えている学生」を、日本にある外国人向け日本語学校に紹介するというものだ。

 当時、日本へ留学を希望する中国人が急激に増えていたが、それを効率良く仲介する組織や機関、サービスが今ほど充実していなかった。留学生を送り出す中国側は受け皿になる日本の日本語学校がうまく見つけられず、また、日本の日本語学校は中国人学生をうまく見つけられないということが起こっていた。

 このギャップをうまく埋める仲介業をやれば、仲介料を稼ぐことができると考えたのだ。そこで、さっそく張さんの日本語学校設立を支援した教育企業グループの偉い人に頼んで、彼らの運営する正規ライセンスを持つ留学仲介サービス会社の社員として、留学斡旋のアルバイトを始めた。

 その教育企業グループでも、留学仲介は利幅の大きいビジネスとしてサービスを拡大したいと考えていたらしく、僕の中国の就業ビザもその企業から出ていたので、渡りに船だったようだ。

 とはいえ、日本語教師と同様にまったく経験のない僕がいきなりがんがん留学生を仲介できるわけもないので、差し当たっては日本にある日本語学校の住所と連絡先、さらに中国の日本語学校や教育機関の連絡先を片っ端から調べると同時に、日本留学の現状を勉強することにした。

 調べていくうちに分かったのは、中国で日本留学の学生の供給源となっている主な地域は中国の東北地域で、上海や華東地区はどちらかというと欧米留学希望者が多いこと、僕の考えた留学仲介サービスの会社や組織、機構は正規、非正規含めてものすごく数が多いこと、そして留学を希望する学生や、学生を受け入れたい日本語学校はそうしたサービス窓口を利用するので、いきなり個人の仲介者に任せたりしないことなどだった。

 勢いで始めた留学仲介のアルバイトだったが、僕が“もうかるかも妄想熱病症”(後に慢性になる僕の持病)に冒されていたこともあり、「日中間の留学仲介のミスマッチ」というのは気のせいだったと気づくのに約半年を要した。張さんの許可を得て学校の電話を使って連絡した日本語学校は、日中合わせて覚えているだけでも1日平均30校くらいはあったと思う。

 親切にも僕の下手くそな中国語を聞いてくれる中国の日本語学校や、日本に来てもらってぜひ話を聞きたいと言ってくれた日本の日本語学校もいくつかあったが、結局留学生を送り込むまで話が進んだものは1件もなかった。

 そうこうして、授業への取り組みが以前より真面目じゃないという理由で、張さんから給料を2000元から1500元に引き下げるという宣告を受けたとき、僕はようやくある決心をした。

(続く)

筆者:宮田 将士