米国の市場調査会社ガートナーが4月10日に公表した最新リポートによると、IT(情報通信技術)に対する今年(2017年)の世界支出額は、3兆4600億ドル(約383兆1600億円)となり、前年から1.4%増加する見通しだ。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ドル高の影響で670億ドル減少

 同社は今年1月に出したリポートで、今年のIT支出額が前年比で2.7%増加すると予測していたが、今回のリポートでこれを下方修正した。

 その主な理由はドル高だ。ドル高の影響で今年の世界IT支出額は670億ドル減少し、これに伴い米国を本拠地とする多国籍企業の収益が圧縮されると、ガートナーは見ている。

 ただし、昨年実績では、支出額の前年比伸び率が0.4%と小幅な伸びにとどまっており、今年はこれに比べて市場環境が幾分良い状態になるようだ。

 ガートナーは世界のIT支出額を規模順に、「通信サービス」「ITサービス」「デバイス」「企業向けソフトウエア」「データセンターシステム」の5分野に分けて分析している。

 このうち、IT支出全体の約4割を占める「通信サービス」は、前年比0.3%減の1兆3760億ドルになると推計している。一方で、これ以外の4分野の支出額は、いずれも増加する見通しだ。

 例えば、「企業向けソフトウエア」の支出額は3510億ドルで、その前年比伸び率は5.5%と、5分野で最も高くなる見通し。「ITサービス」も同2.3%増の9170億ドルと、堅調に推移するという。

「デバイス」はスマホの販売価格上昇に期待

 このほか、パソコン/携帯電話/タブレット端末などの「デバイス」への支出額は、同1.7%増の6450億ドルになる見通しだ。

 ガートナーによると、「デバイス」への支出額は昨年2.6%減少した。だが、今年はアジア太平洋地域の新興国市場や、中国で携帯電話の平均販売価格が上昇することから、増加に転じるという。

 また、米アップルのスマートフォン「iPhone」は発売10周年モデルが登場すると見られており、このモデルを含むアップル製端末への買い替えも進むとガートナーは見ている。

 一方で、アップルの「iPad」やマイクロソフトの「Surface」などに代表されるタブレット端末は、引き続き大幅減少が見込まれている。

(参考・関連記事)「落ち込みが止まらない、世界タブレット端末市場」

 パソコンも、デスクトップパソコン、ノートパソコンともに、依然買い替え周期が長期化しており、販売台数と利用台数の両面において、低迷が続くとガートナーは見ている。

(参考・関連記事)「Androidの利用台数、ついにWindowsを上回る」

「データセンターシステム」はサーバー市場が低迷

 このほか、「データセンターシステム」は前年比0.3%増の1710億ドルと、小幅な伸びにとどまる見通しだ。これについては、顧客企業の動きに変化が現れており、サーバー市場が低迷していると、ガートナーは報告している。

 同社によると、企業は従来のように、サーバーを購入し、自前のデータセンターシステムを構築するのではなく、アマゾン・ドットコムやグーグル、マイクロソフトといったクラウド企業のデータセンターサービスを利用するようになっている。

 こうした顧客の変化が、サーバーへの支出減少につながり、この分野の全体に影響を及ぼしているとガートナーは指摘している。

筆者:小久保 重信