アリシア・ビカンダー版ララ・クロフト初披露!

写真拡大

 アリシア・ビカンダーが主演し、世界的人気ゲームシリーズを新たに映画化する「トゥーム・レイダー(原題)」が、2018年に日本公開されることが決定した。あわせて、ビカンダー演じる主人公ララ・クロフトのビジュアルが初披露。トレードマークのタンクトップに身を包み、泥だらけで荒野にたたずむ姿などを確認することができる。

 アンジェリーナ・ジョリーが強く美しいララに扮したアクション映画「トゥームレイダー」は、2001年に第1作、03年に第2作が公開され、世界累計興行収入約4億3200万ドルという大ヒットを記録した。そんな人気シリーズを、「リリーのすべて」(15)で第88回米アカデミー賞の助演女優賞に輝いたビカンダーの主演、「THE WAVE ザ・ウェイブ」のローアル・ユートハウグ監督のメガホンでリブート。現在は南アフリカとイギリスでの撮影が行われている。

 物語は、若きララが初めての冒険に挑む姿を描く。まだ人生の目的も見当たらず、バイク便のライダーとして働きながらギリギリの生活を送っていた21歳のララ。冒険家の父が失踪してしまった真相を確かめるべく、父の最後の目的地であった「日本の沖にあるとされる伝説の墓」を目指して旅に出る。

 「トゥーム・レイダー(原題)」は、「300 スリーハンドレッド」のドミニク・ウェスト、「ヘイトフル・エイト」のウォルトン・ゴギンズ、「ウォークラフト」のダニエル・ウーらが共演。