アリシア・ヴィキャンデルのヴィジュアルも解禁!『トゥームレイダー』、18年の日本公開が決定!

写真拡大

2001年、2003年にアンジェリーナ・ジョリーが強く美しい主人公ララ・クロフトを演じ、日本を含め世界的大ヒットを記録した『トゥームレイダー』シリーズ。新しく製作されるリメイク版の日本公開が2018年となることが決定した。

リメイク版でララ・クロフトを演じるのは、『リリーのすべて』(15)でアカデミー助演女優賞を受賞したアリシア・ヴィキャンデル。監督は、『The Wave(原題)』でアカデミー賞の外国語映画賞部門のノルウェー代表作品に選ばれたローアル・ユートハウグ。現在撮影が南アフリカとイギリスで行われている。

今回初披露となるビジュアルも到着。トレードマークのタンクトップに身を包み、泥だらけで荒野にたたずむララ・クロフト。本作では、まだ人生の目的も夢中になれるものも見つからず、バイク便のライダーとして働きながらギリギリの生活を送っている21歳の大学生の彼女が10代になるかならないかで失踪してしまった冒険家の父親の死の真相を解明しようとする物語。父親の最後の目的地、それは日本の沖のどこかにあるらしい神話上の島の伝説の墓だった。

■『トゥームレイダー』
2018年 全国公開予定