メイド・イン・ジャパンの男性下着「TOOT」は、伊勢丹新宿本店メンズ館や阪急メンズ館をはじめとする百貨店の男性下着売り場で根強い人気を誇る

写真拡大

さまざまな返礼品がもらえるとあって大人気のふるさと納税。サーフィンで町おこしに取り組む宮崎県日向市が、5月1日から提供する返礼品にセクシーな男性下着が登場した。提供するのは東京のメンズアンダーウェアメーカー「TOOT(トゥート)」。東京のメーカーの製品が、しかもセクシーなメンズパンツがなぜ九州の地方都市の返礼品になったのか。その答えを求めて日向市に向かった。

アンダーウエアメーカーが
日向市役所と連携

「TOOT、また面白いことやってます」

 2月中旬、TOOTの枡野恵也社長からLINEのメッセージが届いた。

「面白いことって、何ですか?」。そんな問いかけに、枡野社長からは「宮崎県日向市の市役所と連携するんです」との返信。日向市がサーフィンで町おこしを始めたので、PRサイトを見てほしいという。そのサイトには、ネットサーファーがリアルサーファーへと成長するストーリーが動画で公開されていた。ところが、TOOTのパンツはどこにも見当たらない。いったい、何をしようというのか。

 そして3月。「日向市のふるさと納税の返礼品にTOOTのアンダーウェアが選ばれました」とのメッセージが再び届いた。生産工場が日向市にある関係から、TOOTが返礼品用に特別な商品を企画、それが完成したので市長に贈呈する式典を開催するという。ミーハーな筆者は早速、日向に飛んだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)