乃木坂46『インフルエンサー』TYPE-C

写真拡大

 乃木坂46の冠バラエティ番組『乃木坂工事中』(テレビ東京系)。4月23日放送分では「コメント女王決定戦」の模様をオンエアした。

(関連:乃木坂46、17thシングルヒット祈願の行方は? 齋藤飛鳥「今大事な時期だし、ちゃんとしなきゃ」

 今回は、メンバーは架空の情報番組『情報ライブヒムラ屋』のコメンテーターという設定で様々なシチュエーションでコメントし、乃木坂46のコメント力No.1を決定するという企画を行なった。まずは秋元真夏、白石麻衣、新内眞衣、中田花奈、寺田蘭世が上げ馬神事のVTRへのコメントに挑戦。中田が「これは坂のお祭りということで(乃木坂46と)凄くリンクするなと思いましたし、私たちもいつかあそこでライブをしたいなと思いました」と言うと、MCのバナナマン・設楽統は「あそこの細長いところで?」と驚きの表情に。

 続いて映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』の予告編へのコメントに挑戦したのは生田絵梨花、齋藤飛鳥、衛藤美彩、桜井玲香、堀未央奈の5人。齋藤は「短い予告の時間の中に衝撃的なシーンがたくさん盛り込まれていて」と発言すると、「でっかい顔になんか……」と説明しようとするもうまくいかず、「でっかい顔が見たい」とまとめた。堀は「お2人はどうですか? 『脳と記憶』だけになったら……」と逆にバナナマンに質問し、生田は「炎がバーンってなったりとか、水がピョーンってなったり」と擬音で説明すると、「ハラハラドキドキ感は是非ここで味わってほしい」と言いつつ「私は緊張感に耐えられない。そんな方におすすめしたい私が大好きな映画がありまして」と自身が出演する舞台『レ・ミゼラブル』の宣伝を始めた。設楽は「桜井は良かった。それ以外ヤバい」と辛辣に評価した。

 そして、ビーチでの動物ハプニング動画へのコメントに西野七瀬、高山一実、生駒里奈、北野日奈子が挑戦。高山は「私は怒らなきゃいけないと思うんです」と発言し、「あの犬の親の気持ちになって考えた。我が子があんな人間の紐を引っ張ってカワイイって言われてるようじゃダメ!」と謎の目線から怒りを見せた。日村は「全体的に何であんなにおっかない?」と聞くと、高山は「私のイメージでは勝間和代さん」と明かした。これに対し日村は「『アンビリーバボー』でも動物モノの可愛らしい映像とか出るんですけど、あんなこと言い出したら絶対カット」ときっぱり。

 最後は桜井、堀、斉藤優里、星野みなみ、齋藤がドミニクアンセルベーカリーの「クッキーショット」の食レポに挑戦。「ミルクを注ぐっていう遊び心は世間にきっと受けるだろうな……」とコメントした齋藤は他のメンバーのコメント中も食べ続け、「人間って『何かを崩したい』っていう欲求がある。『塔を自らの手でぶっ壊してやる』っていうその快感を味わえる」と驚きの発言をした。さらに「『進撃の巨人』って流行ったじゃないですか。その気分を味わいながら(食べている)」と続けると、「巨人になりたいと思いませんか?」と問いかけ、スタジオを驚かせた。設楽は斎藤について、「ゴールデン帯のバラエティだったらこの手の人にはコメント1番振ります」と評価した。最終的にコメント女王は桜井に決定。次回は「春の1万円ツアー」の模様を放送予定だ。(向原康太)