4月になり、街ではフレッシュな新入社員を多く見かける。

ここにも、新たな任に就き、頑張って働くことを誓う人物がいる。

ほら、このとおり▼

新しい職務を全うすると誓っているのは、跪く警察官、に抱っこされた犬の方だ。

これは米ペンシルベニア州にあるウェスト・ヨーク警察が公開した写真。

警察官に抱かれているのは、ここで新たに警察犬に採用された「プリンス」である。

WBAL TV11が伝えるところによると、プリンスは生後13週のブラッドハウンドの子犬で、行方不明者を探す訓練を受けているという。

上の写真は、地方裁判所の判事に対し、正式に警察犬就任の宣誓をしているところである。

宣誓書には拇印ならぬ、肉球でサインを▼

Detective Prince/Facebook

Facebookには「警察犬プリンス」専用のページも設けられ、この時の様子が公開された。

プリンスは、1995年、下校中に誘拐され殺害された当時9歳の男の子、ジミー・ライス君の死を悼み設立された機関から贈られた警察犬である。

8か月に及ぶ訓練を受け、いずれジミー君のように、行方のわらなくなった人たちを探すことになるだろう。

そんな活躍を前に、一丁前に宣誓を行うプリンスに対し、人々は「可愛い」と目を細めている。