MF遠藤保仁のミスからFWアレックス・テイシェイラに先制点を決められた

写真拡大

[4.11 ACLグループリーグ第4節 江蘇3-0G大阪 南京]

 ガンバ大阪が敵地で江蘇蘇寧(中国)に0-3で完敗を喫した。3連敗のG大阪はグループHで最下位に転落した。

 1か月前のホーム戦(●0-1)のリベンジを目指したG大阪だが、出端をくじかれた。開始3分、ピッチ中央でボールをコントロールしようとしたMF遠藤保仁がFWアレックス・テイシェイラに奪われてそのまま先制点を奪われる。相手を勢いづかせてしまうと、前半7分にもMFラミレスに追加点を献上。同43分にも失点し、前半だけで3点のリードを奪われた。

 後半は4バックにシステムを変更したこともあるが、戦いが安定。しかし前半の3失点は最後まで重くのしかかり、反撃ムードを作り出すことは出来なかった。開始直後に痛恨ミスをした遠藤も「3-0で負けたので非常に悔しい。自分たちのミスから失点してしまってリズムを崩した」と反省した。




●ACL2017特設ページ