4月に入り春めいてきた今日この頃。スポーツもしやすい季節だけに、春から夏に向けてダイエットに励む方も多いだろう。
 ところで、ダイエットは男性機能にとって、どのような影響を与えるのか。
 「簡単に言うと、ダイエットの仕方で変わります」
 こう語るのは、元AV女優でスポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさんだ。
 「一番やってはいけないのが、過度な食事制限です。太っている方ほど多いのですが、一気に痩せようとして1日に必要な最低カロリー量を下回るような食事制限をするんですね。これをしてしまうと、贅肉が落ちる前に筋肉量が落ちて、男性ホルモンの分泌量も下がってしまうんです」
 減量中のボクサーも精力が弱まるというが、まさにソレ。そもそもカロリーはエネルギー源のため、カロリー不足に陥ると、ここぞという場面で力が出ない。

 では、ダイエットなど必要ないのか。
 「いえ、基本的に太り過ぎは、EDの原因となります。理由は簡単で、肥満体型の人は余分な脂肪が血液を汚して、さらに血行障害を引き起こしやすいからです」

 勃起とは性的興奮時に、海綿体に流入する血液の量によって起こる現象だ。そのため、血流の流れが悪いと勃起しにくい。余分な脂肪の多い男性はやはりアッチが弱くなると言えるのだ。
 だからといって、食事制限をして筋肉量を落とすのも問題。結局は、適度な運動で脂肪を取るのがベストなのだが、忙しい現代人、日頃からトレーニングに打ち込むほど暇がない方も多い。そこでまず、試してもらいたいのがコレだ。
 「普段、体を動かしていない人がいきなりジョギングするのはかなり大変です。なので、まずは軽めの食事制限から始めるのです。一番のお勧めは夕食で、炭水化物の摂取を抑えること。できれば白米は控えて、その分、お肉や魚、野菜を多めに食べるようにしてください」

 1日1回、炭水化物を抜く程度ならカロリー不足の心配もない。また、タンパク質を摂っておけば筋肉量の減りも抑えられるのだ。
 「これで少し効果が現れたら、今度は1日20分ほど運動をするのです。本当は朝にジョギングするのが一番ですが、そんな時間のない方はいつもより多めに歩くことを心掛けてください」

 ウオーキングでも20分ほど行れば、脂肪燃焼が始まる。一度燃焼すれば、半日ほどは持つので、その間、アナタの体は自然と絞られていくというわけだ。
 「ダイエットのコツはとにかく無理をせず、日々続けられること。軽い食事制限に成功したら、次は軽い運動をゆっくりと遂行していくのです」

 また、自分へのご褒美も忘れてはいけない。
 「1週間に一度は運動もせず、なんでも好きなものを食べる日を作るのです。というのも、食事制限を続けると人間の体は制限することに慣れてくるため、ある時期から痩せなくなるのです。なので、時々、カロリー過多にすることで、体に刺激を与える。すると、翌日からまた食事を制限すると痩せていくんです」

 体をしっかり絞って勃起力もアップ。来るべき夏のために頑張ろうではないか。

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。