「ギャラクシーS8」=(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国のサムスン電子が新型フラッグシップスマートフォン(スマホ)「ギャラクシーS8」シリーズの予約販売を開始してから5日目となる11日、一部のモデルが早くも在庫不足となった。

 サムスン電子関係者は「ギャラクシーS8プラス128Gバイト(GB)モデルの予約販売数が当初準備していた数に到達した。11日から予約購入する方は4月24日までだった開通期間を5月末までに延長し、順次製品を供給する」と説明した。
 同関係者は「現在までにギャラクシーS8シリーズは約62万台の予約販売があり、このうち約15万台がギャラクシーS8プラス128GBだった」と話した。開通期間を延長しただけで、予約販売は予定通りに続けるという。
 6GBメモリーと128GBのストレージ容量を搭載した最高級のS8プラスの予約購入者にはS8をパソコンのように使える「DeX」が特典としてつくため、購入希望者が増えたものとみられる。
 
yugiri@yna.co.kr