小野大輔/田中敦子らが初参加、映画『ワイルド・スピード  ICE BREAK』日本語吹替キャスト発表

写真拡大

 “ワイルド・スピード”シリーズ最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』の、吹替声優陣が発表された。

 日本語吹替には、楠大典、小山力也、甲斐田裕子、松田健一郎、渡辺穣、坂本真綾らが前作に続き再集結。また、新たなキャストには、小野大輔、田中敦子、高木渉、福山潤が起用された。主人公・ドムの声を続投する楠は、前作までと比較し「今回もすごいことが起きています(笑)金庫時々空、後に…何でしょう?ということで。ご期待ください」とコメント。一方、今作が初参加の声優陣は「新たなファミリーになれたことを光栄に思っています」(小野)、「参加させて頂けただけで光栄ですのでファミリーの一員という響きは何とも身に余りますが、作品を彩る一助になれていれば幸いです!!」(福山)と喜びを語っている。

 前作の『ワイルド・スピード SKY MISSION』は、全世界興行収入約1,500億円を記録。本作『ワイルド・スピード ICE BREAK』では、ドムがファミリーを裏切るというこれまでのシリーズを打ち壊すほどの波乱の局面が待ち受けている。今回は氷の大地・アイスランドが舞台となっており、シリーズ初上陸のニューヨークや、ハリウッドメジャー大作としては初となるキューバでも撮影が行われ、史上最大のスケールで物語が展開される。

◎公開情報
映画『ワイルド・スピード ICE BREAK』
2017年4月28日(金)よりTOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー
監督:F・ゲイリー・グレイ脚本:クリス・モーガン

製作:ニール・H・モリッツ
出演: ヴィン・ディーゼル、ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム、ミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ヘレン・ミレン、ナタリー・エマニュエル、エルサ・パタキー、スコット・イーストウッド、カート・ラッセル、シャーリーズ・セロン
(C)Universal Pictures