隙のある女性になりたい!モテない女の特徴と 「スキ」の作り方 | 恋愛ユニバーシティ

写真拡大

いくつになってもモテモテ。

20代後半になってくると、女性はモテなくなっていきます。それは、「若さが失われ、男性から興味を持たれなくなる」「結婚適齢期なので、男性が付き合うのに躊躇する」という2つのことが原因だったりしますが、もう一つ「隙がなくなる」ことも原因としてあげられます。周りを見回すと分かると思いますが、隙のある女性は、何歳になっても男性を惹き付けます。今回は「隙のない女性」とは何かを説明し、どうやって隙を作るのかをお教えします。

■隙のない女性って?
隙のない女性は、男性から次の4つのように見えています。

1.日々を楽しんでいる
2.自立している
3.男性を避けている
4.女性らしさがない

次のCHECKで、この4つの要素を取り上げ、何故これが男性を去らせてしまうのか、どうすれば隙をつくれるのかをお話しします。

CHECK!“隙がない”ってどういうこと?スキを作る方法!

1.日々を楽しんでいる
多くの女性は、20代後半にもなると、使えるお金が増え、精神的にも余裕ができます。その結果、美味しいものを食べたり、旅行をしたりと、贅沢するようになります。

一方で、男性という生き物は、女性を楽しませたいと思っています。その思いは強く、「楽しんでくれないと、心から辛い
と感じてしまいます。その結果、自分の行為で楽しんでくれそうな女性にしか、アプローチできません

贅沢をしている女性を見ると男性は、「自分が楽しませるのは無理」「楽しませるのが大変そう」と思って近づかないのです。

これを解消するには、今すぐ贅沢を止める必要があります。海外旅行には行かず、お洒落なファッションやブランド物のバッグを身につけないようにしてください。

以前「私は贅沢を止められないから、男性の前では贅沢をしていないふりをするのでどうか?」と言ってきた女性がいました。でも、ふりはバレてしまいます。たとえば、彼が連れて行ってくれたレストランが、いつも行くレストランより格下だと、あなたのテンションは高まらないでしょう。男性はそれを察知します。

また、「贅沢をさせてくれる男性しか選ばないから大丈夫」と言う女性もいましたが、お金を持っている男性でさえ、今の日本では、そのような女性を選びません。「贅沢をさせてくれる男性」のほとんどは、体だけが目当ての肉食系だったりします。中には、誠実で、なおかつ女性に贅沢をさせたい人も僅かにいますが、そのような男性にアプローチされるのは、選ばれた価値の高い、ごく少数の女性だけで、多分あなたではありません。

あなたがすべき事を一言で言えば、男性のちょっとした行為で喜んだり、笑ったり、楽しむような女性になりきる事です。男性は、そのような女性にアプローチし、楽しませようと頑張ります。

2.自立している
資格を取ろうとしたり、日々が忙しかったりする女性は、男性が「僕が支える必要はなさそうだな」と感じて、近づきません

たとえば、男性が「今度の木曜日空いてる?」と聞いた時、「仕事が忙しくて」と答え、「じゃあ、週末は?」と聞くと、「ごめん、習い事」などと答えられると、「あ、この人は自分だけで楽しめる人だ。僕は必要ないんだな」と感じて去っていきます。

また、プライベートでも仕事でもそうですが、自分で何でも出来る人も、自立しているように見えるので、近づきません

一言で言えば、男性を頼れる女性がモテます。ただし、程よく頼る必要があります。あまり頼り過ぎると今度は「重い」と感じられてしまいます。

3.男性を避けている
アラサーになると、恋愛で痛い思いをした経験や、男性に価値がないと思われるのではないかという不安から、自分を守り、それが男性を避けているように見えたりします

たとえば、「先週末何をしていましたか?」と聞かれ、「暇だった」と答えるのが恥ずかしいので「なんで聞くの?」と答えると、男性は「ああ、これ以上僕に関わって欲しくないのだな」と感じて去っていきます。

合コンでも「どうせ私を好きになる人はいない」と感じて、消極的な振る舞いをしていると、「ああ、この人は、合コンに来たくなかったのだな」と見なされて、近づかれなくなります。

一言で言えば、人懐っこくて、積極的な女性がモテます

4.女性らしさがない
一部の女性は、仕事が忙しすぎて女性らしさを失っています。見た目だけでなく考え方も男性的になっていて、男性を攻撃したり、議論したりしようとします。それはそれで構わないのですが、男性は女性らしさに恋をするので、この手の女性に恋愛心は抱きにくいでしょう。

お笑い芸人モードになっている女性も避けられますし、自分が性の対象として見られるのがイヤで、こだわりの強いファッションをしていたり、哲学者のような話ばかりする女性も、避けられがちです。

また、アラサーくらいから、自虐的になり、「私は恋愛卒業していますキャラ」を演じたり、若い女性と一緒に合コンに行くと「私は引率者です」と言ったりする女性は男性から相手にされません。

一言で言えば、女性らしいファッション、立ち居振る舞い、考え方をする女性がモテます

この4つの要素を持っている女性は、「隙がない」と言われるばかりでなく、「高嶺の花」とも言われます。この時、男性の言う高嶺の花とは、「手に届かないほど高い所にある憧れの花」という意味ではありません。「取りにいくのが面倒などうでも良い花」ということです。高嶺の花にならないように、4つの要素に気をつけましょう。


恋の教訓
自分で楽しむ事をやめ、自立をせず、
それらを男性にやってもらう人懐っこい女性
そんな女性が、何歳になっても男性を惹き付ける

『いくつになってもモテるのは“可愛げのある女”!6つの因子をマスター』

男性の心をもっととらえたい!と思っている方は、「また会いたい、一緒にいたい女性が実践している「鏡のルール」とは?」もぜひ、参考にしてください。

■合わせて読みたい
男性の本能に応える、“強く、永く愛される女”になる方法まとめ
“強く、永く愛される女”になる方法1〜男性の本能に応えるために
“強く、永く愛される女”になる方法2〜手放したくない女とは
“強く、永く愛される女”になる方法3〜ミラクルを起こす女とは

◇プロフィールぐっどうぃる博士 恋愛カウンセラー
理学博士(生命科学専攻)。現在は主に恋愛カウンセラーとして活躍。自身の体験と生命科学的視点を合わせた独自の恋愛メソッドを展開し人気を集めている。悩める女性の恋の問題が解決するサイト『恋愛ユニバーシティ』主宰。音声で恋愛を学べる『ぐっどうぃる博士の音ライブラリ』がある。現在、WEB、書籍、雑誌等など多方面で活躍中。また大手企業のマーケティングリサーチや企業のブランディング戦略にも参画。著書に『モテの定理』『恋愛マトリックス』(ソフトバンククリエイティブ)、「恋で泣かない女になる61のルール」(講談社)などがある。
ぐっどうぃる博士の経歴はこちら