わたしたちが大切な人とするハグは、なんとも言えない幸せな感覚を伴いますよね。母親からハグされた赤ちゃんが見せる安心しきった表情、恋人同士でするハグの心地よさ、抱きしめてあげるとうれしそうに尻尾をふるペット、関係を問わず、大切な相手とのハグは人を幸せにしてくれるものです。ところでこの大切な相手とのハグという行為は、医学的にも人の幸福度を上げる効果、健康効果などが確認されていることをご存知ですか?幸せになれるのもうなずける、ハグの意外なパワーについて紹介します。

愛情ホルモン「オキシトシン」が分泌される

わたしたちは信頼できる対象とハグすることで、愛情ホルモンとも称される「オキシトシン」が積極的に分泌されるようです。このオキシトシンは精神の安定をつかさどる神経伝達物質「セロトニン」の放出を高め、更に恐怖をつかさどる器官「扁桃体」の働きを抑えるので、不安感を取り除いたり、安心感を得たり、幸福感を得ることができるようです。ハグをすることで愛情が深まった気になるのは、決して気のせいではなかったということですね。

幸福ホルモン「βエンドルフィン」が分泌される

ハグすることで分泌されるのはオキシトシンだけではありません。さきほどと同様、信頼できる相手とハグをすることで、幸福ホルモンとも称される「βエンドルフィン」というものも分泌されるようです。βエンドルフィンが分泌されると、わたしたちは鎮静作用、高揚感、幸福感を得ることができます。オキシトシンに加えβエンドルフィンまで分泌されることから、わたしたちがハグから得られる幸福感は相当なものであることがわかります。

健康効果も期待できる

ハグで得られるのは幸福感や安心感だけではありません。ハグをすることで、ストレス解消効果や健康効果までもが期待できるのです。ストレスが溜まっているとき、何故か恋人に会いたくなるのはこの影響かもしれません。具体的な健康効果としては、不眠解消、高血圧・心臓病の予防、免疫力向上など。幸せになれる上に健康にも効果的ということであれば、もうハグをしない手はありませんね。

しかしハグをする上でひとつだけ注意が。上記のハグで得られる効果とは、親しく信頼できる相手とハグした場合のみを指します。赤ちゃんがお母さんに抱かれて安心するのに対し、知らない人に抱かれたら泣き出すのと同じで、信頼できない、親しくない相手とのハグはかえってストレスとなってしまいますのでご注意を。早速あなたも信頼できる相手と積極的にハグしてみてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部