10日、2010年バンクーバー五輪のフィギュアスケートで銀メダルを獲得した浅田真央(26)が、ブログで引退を発表した。浅田は世界選手権では日本人最多の3度の優勝を果たしており、全日本選手権でも6度の優勝を誇る。先日の世界選手権の結果、平昌五輪の日本の出場枠が3から2へ減ってしまった事も影響していると思われる。

 浅田は小学生時代からフィギア界では天才少女として名を知られていた。中学生だった2005年にGPシリーズに初出場し3回転半ジャンプとなるトリプルアクセルを披露して2戦目で優勝。そのままGPファイナルでも優勝して一躍世間から注目を浴びた。ただ残念ながら2006年のトリノ五輪は年齢制限に3カ月足らずに出場できなかった。

 2014年ソチ五輪ではSPで何度も転倒しながらフリーで16位から6位へと挽回する演技を見せ、世界を感動させた。「ここで引退するのか」との問いかけに「ハーフハーフ」と答えながら1年間の休養をする。2018年平昌五輪を目標に2015年に復帰し、GPシリーズ初戦で優勝したものの、その後は膝痛もあってジャンプに精彩を欠く。今シーズンはGPファイナルにも出場できず、全日本選手権でも12位と振るわなかった。