「私のフィギュアスケート人生に悔いはありません」

 4月10日午後10時51分、浅田真央が自らのブログを通じて、ついに引退を発表した。今年に入ってから、シーズン後半の競技会に一切出場しないことを発表していた浅田の動向はほとんど伝わってこなかった。平昌五輪シーズンとなる来季に向かうのか、それとも現役引退に向かうのか。この約3カ月間、おそらく彼女は自分自身を見つめて、どちらの道を選択するかを真剣に考えてきたのではないだろうか。


現役最後の舞台となった全日本選手権での浅田真央 今季はシーズン序盤から苦しい戦いを強いられた。昨季後半に負った左膝の痛みがひかず、なかなか思い通りの練習ができない状態に陥った。とことん練習して滑り込むことで自信をつけ、プログラムを磨いていくタイプだけに、不安は募ったはずだ。それに加えて、故障の影響もあって、彼女の代名詞ともいえるトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)」を封印しなければならなかった。このことがモチベーションの低下を招いたのは明らかだった。

 それでも今季前半戦、浅田は戦い続けた。そして迎えた12月の全日本選手権。満身創痍の中で懸命に「トリプルアクセルを組み込んだ最高のプログラム」ができるまでコンディションを戻して演技したが、結果は自己ワーストの12位と惨敗した。結局、この全日本での滑りが競技者としての最後の演技となったことは、残念であり、寂しいかぎりだ。

「復帰してからは、自分が望む演技や結果を出すことができず、悩むことが多くなりました。そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」

 引退を決めた理由を、浅田真央はブログにこう綴っている。やはり「自分の一番の武器」であるトリプルアクセルが跳べなくなったのは大きな痛手だったに違いない。これまでこだわり続けたジャンプであり、調子のバロメーターとも言える技だった。女子では跳べる選手が数えるほどしかいない大技。現役では長らく彼女しか跳ぶ選手はいなかった。

 もし、失敗するリスクが高いトリプルアクセルにこだわり続けるのではなく、例えばかつて挑戦していた3回転フリップ+3回転ループの連続ジャンプを武器にしていたら、果たしてどんな選手になっていたのだろうか……そんな想像もしないわけではなかった。しかし、やはり天才ジャンパーである浅田真央が輝くには、トリプルアクセルはなくてはならないジャンプだったのだろう。

 私が「真央ちゃん」と衝撃の出会いをしたのは、彼女が小学6年で初出場した全日本選手権だった。3回転+3回転+3回転の連続ジャンプを軽々とポンポン跳んでみせて、周囲をあっと言わせたことを、今でも鮮明に覚えている。

 愛らしい容姿と明るい性格。周囲の大人たちとも笑顔で受け答えをし、挨拶をしっかりすることも印象的だった。話すときはいつも「真央は……」と自分の名前を最初につける天真爛漫な女の子だった。一方では負けず嫌いを自認し、練習の虫と言われるほど、休むことなく練習に励んできた。一途にフィギュアスケートに取り組む芯の強さは、女子フィギュア界の中で右に出るものはないと言っても過言ではないだろう。

 同い年の「永遠のライバル」キム・ヨナの存在も、浅田真央を一層輝かせた。世界のトップを争うライバルが身近にいたことで、天才ジャンパーだった浅田は表現力でも幅を広げようと努力を惜しまず、フィギュアスケーターとしてスケールアップしていった。

 バンクーバーで敗れた浅田真央は、五輪の金メダリストにはなれなかった。だがフィギュアスケート界を超えて、さらには日本のスポーツ界を超えて、国民的アイドルにまでなった浅田真央のスケートは多くの人たちに愛されてきた。そのフィギュアスケート人生は、今後も語り継がれていくに違いない。

フィギュアスケート特集号
『羽生結弦 平昌への道 ~Road to Pyeong Chang』

 


詳しくはこちらへ>>

■フィギュアスケート 記事一覧>>

■フィギュアスケート特集ページ>>