寒い冬も終わり、ようやく春がやってきましたよね。春といえばオシャレも楽しくなってくる季節。でもデート服は一歩間違えてしまうと、彼から「なんか微妙かも……」と思われてしまう可能性が。
そこで今回は「男性がガッカリする女性の春ファッション」についてリサーチしてみました。

1: ずっと冬服を着ている

彼女がいつまでも冬服を着ていては、彼のテンションも下がってしまいます。

・ 「春なのにずっとムートンブーツを履いている彼女。そこまで寒くないだろ!? って思います……」(24歳/販売)

・ 「彼女がいつまでも冬のモコモコしたニットを着ているので理由を聞いたら、『だって春は短いから服を買うのはもったいない』と言われた。でもデートのときはせめておしゃれしてきてほしいよ!」(27歳/建設業)

コートは厚手のものからトレンチ系へ、靴はブーツからパンプスにするだけで一気に春らしくなります。

2: ブリブリコーディネート

春は花柄やパステルカラーを着たくなりますが、トップスとボトムスの組み合わせを間違えると、一気にブリブリコーデに……。

・ 「彼女がピンクのフリフリトップスに、花柄スキニーを合わせていた。はたから見たらちょっと痛い感じに見えてしまいました……」(28歳/美容師)

ガーリーになりすぎないように、うまく春らしさを取り入れるようにしたいものですね。

3: 中途半端な丈のレギンス

タイツより薄くて春にピッタリなレギンスですが、男性からはなぜか不評なよう。

・ 「あの黒い7分丈くらいのレギンスがどうも好きになれない。あれ履くくらいならストッキング履けばよくない?」(26歳/通信)

「ストッキングは伝線しやすいし、かといって生脚には抵抗があるしまだ寒いし……」という女性の心理もあるのですが、普段レギンスを履かない男性からするとよくわからないのかもしれませんね。
彼ウケを第一に考えるのであれば、デート時にレギンスは着用しないのが正解かも!?

4: なんか太った……?

春になって薄着になることで、冬に増えてしまった体重がバレてしまうことも……。

・ 「春服を着た彼女を見たら、なんかお腹まわりが太ったような……。彼女に聞いたところどうやら冬の間に3kg太ってしまったらしい。俺はスラッとした子が好きだからちょっとガッカリした」(24歳/IT関係)

口に出さないだけで、内心「冬の間は着やせしていたんだな……」なんて思われていたら、ショックも大きいですよね。
きたる夏に向けて、なるべく体重はもとに戻しておいたほうがよさそうです。

女性からすると「好きな服を着させてよ!」と思ってしまいますが、男性にも彼女に求める理想のファッションがあるみたい。
彼の夢を壊さないような、バランスのとれたかわいらしい春ファッションを目指してみてみましょう!