11日、澎湃新聞網はフィギュアスケート女子の浅田真央の引退表明を受け、「フィギュア界に素晴らしい時代をもたらした彼女と(ライバルだった韓国の)キム・ヨナに感謝する」と題する記事を掲載した。写真は浅田真央。

写真拡大

2017年4月11日、澎湃新聞網はフィギュアスケート女子の浅田真央の引退表明を受け、「フィギュア界に素晴らしい時代をもたらした彼女と(ライバルだった韓国の)キム・ヨナに感謝する」と題する記事を掲載した。

女子フィギュアスケートの最も素晴らしい時代が終わった。キム・ヨナの引退後、4月10日、浅田真央が引退を表明した。26歳の浅田は、自分のブログに現役を退くと書いた。理由を「去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました」と説明した。

新華社は、主な日本メディアはすぐに街の声を取材したと伝えた。多くの人々が驚き、引退を惜しんだ。浅田はただ一人、世界選手権の女子シングルを3度制した選手だった。10年のバンクーバー五輪では銀メダルに終わったが、女子では世界で初めて同じ大会でトリプルアクセルを3度決めた。世界選手権は3度優勝、GPファイナルは4度制覇した。(翻訳・編集/大宮)