DinDin、17日にニューシングル「寂しくて死ぬ」発売…“シングルたちに向けた曲”

写真拡大

ラッパーDinDinがシングルたちに向けた新曲で帰ってくる。

DinDinは10日午後、自身の公式SNSでニューシングル「寂しくて死ぬ」のリリースのニュースを伝えた。

共に公開された写真には、飲食店でうつむき加減で寂しい表情を見せているDinDinの姿が収められている。前に置かれたグラスと“ディン…”と書かれたフレーズが新曲への関心を高める。

DinDinは「17日正午に新曲が出る。タイトルは『寂しくて死ぬ』」とし、「ちょっと寂しかったのでこの曲を制作していたら、今は寂しさが極限まで達した。たくさん聞いてほしい。とても寂しい」と説明した。

「寂しくて死ぬ」は、DinDinが昨年11月に発表した「遅い手紙」から約5ヶ月ぶりに発表するニューデジタルシングルだ。現在DinDinの率直な心情を収めた曲と伝えられており、さらに関心を集めている。

所属事務所側は「『寂しくて死ぬ』は、DinDinが寂しさで震えながら書いた曲で、今ではこの曲のせいで、むしろ孤独が極限まで達した状況だ」とし、「四六時中寂しいシングルたちと共感できる曲で、シーズンソングを超えフォーシーズンソングとして足場を固めるだろう」と紹介した。